COIN TOKYO

¥386,220
BTC -0.38%
¥9,985
ETH -0.44%
¥33.90
XRP -0.14%
¥11,578
BCH -0.39%
  • 2018/10/04
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は下降トレンドラインを抜けて大きく上昇、今後も上昇ムードは継続するのか?-10月4日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月3日にサポートラインをブレイクした仮想通貨ビットコイン(BTC)でしたが、10月3日の日本時間正午以降再び上昇への動きを見せ始めました。10月4日にはこれまで突破できずにいた下降トレンドラインをブレイクし、大陽線を形成します。ビットコインは10月以降も上昇ムードを継続させるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)はトレンドライン抜けのタイミングで売り注文量を一気に解消

BTC/JPYの15分足チャートをみていきます。10月3日にはこれまでのサポートラインである73万円台をブレイクしたBTC,ブレイク後は大陰線を形成しながら72万円台にまで下値を落としました。しかし72万円台接触後のBTCは再び上昇開始します。

10月4日には2度に渡り、9月28日以降の下降トレンドラインに反発を受けますが、3度目の接触にてトレンドラインを遂にブレイク、大陽線を形成しながら上値を約75万円台にまでつけることに成功しました。

BTCの売り注文量を確認してみると、10月3日のサポートライン割れ以降、売り注文量は急増しています。サポートライン割れというネガティブなひとつの要因より短期的に売り注文量が増えた結果、BTCもその分下落したのではないかと考えらます。

そのため、下降トレンドラインブレイク後のBTC売り注文量は一気に解消されていることがわかります。サポートライン割れに対して売り注文をとっていた短期取引者による解消が起きた可能性があります。

再び上昇トレンド転換シグナルが複数存在する仮想通貨ビットコイン(BTC)、今後意識する価格帯は?

BTC/JPYの4時間足チャートをみていきます。本日10月4日の上昇より再び200日移動平均線及び一目均衡表雲を上に抜けたBTCは上昇ムードが再開された印象をもちます。

今後も価格を伸ばしたいBTCにとって目指すは10月1日と本日10月4日に反発を受けた75万5千円台を突破するということです。本日の上昇でも、BTCは75万円台で反発を受け、上ヒゲを伴ったローソク足を形成しています。

対して意識していきたい下値は一目均衡表の雲及び、ようやく突破した下降トレンドラインということになります。一目均衡表雲の場合、本日10月4日から5日にかけては74万4千円台から74万7千円台が雲の上弦ということになります。

更に下落にて雲内に突入した場合、トレンドラインで反発されるか注目です。トレンドラインは73万9千円台から73万4千円台ということになります。

しっかりとした支持帯のなかで新たなレジスタンスラインを突破し、上昇ムードを継続させるか注目しましょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る