COIN TOKYO

¥387,613
BTC -1.20%
¥10,020
ETH -2.45%
¥33.91
XRP -1.00%
¥11,672
BCH -0.08%
  • 2018/10/07
  • コイン東京編集部

取引所CoinExが取引手数料の収益の一部をビットコインキャッシュ(BCH)で割り当てる

このエントリーをはてなブックマークに追加
暗号通貨取引所CoinEx(コインイーエックス)は、CoinExトークン(CET)保有者に対して、長期配当金をビットコインキャッシュ(BCH)で支払うプラン「Long-term dividend allocation plan」を発表しました。「CoinExの月の総収入の80%が、CET保有者に配分されます。」と述べています。

CoinExが長期配当をBCHで支払う

CoinExは9月29日のブログ記事で、“長期配当計画”を実行すると発表しました。最低10,000 CETをCoinExで保持する場合、BCHで配当金を受け取る事ができる様です。「CETをCoinExで保有している場合、BCHへの配当金を計算して、お客様の口座に直接配分します。それ以外の場合、配当はCETに計算され、CETウォレットのアドレスに割り当てられます。」と同社は述べています。

CoinExによると、配当レートは、CET総数に対する割合で換算される。「毎月末日24:00 (HKT) にスナップショットを撮り、結果に応じて前日の報酬を割り振ります。」と述べている。毎月7営業日以内に配当が割当られるという。

CoinExとBCH

中国香港に拠点を置くCoinExは、2017年12月に設立された比較的若い取引所です。同社は自らを「ビットコインキャッシュ(BCH)の取引ペアを主要とし、支持する暗号通貨取引所です。」と紹介しています。Bitcoin.comによると、採掘大手BitMain(ビットメイン)も投資しているという。

CoinExはネイティブなトークンCETを発行しており、CETを利用したトレードにおいて、マーケットメイカーは手数料がゼロ、マーケットテイカーも0.10%と優遇される。CoinExはまた、相対取引(OTC)を処理し、紹介報酬を提供している。同社はこれら全ての取引手数料と、ユーザーへの還元の内訳をリアルタイムでサイト上で表示しており、透明性の高いトークン分配手段を採用してきました。

取引所は長期配当について、「CoinExの月の総収入の80%が、CET保有者に配分されます。」と説明。「正確な最終決済の時期に応じて、日付は変わる場合があります。」と付け加えています。

CoinExの運営企業ViaBTC

10月1日、CoinExの運営企業ViaBTC社は独自トークン(VIAT)の発行情報を開示しました。同社はVIATについて、「公式の付加価値サービスと特権スキームであり、"ガス"および価値移転ツールとして使用する。」と述べている。各四半期末に、各四半期の収益の20%でVIATを買戻して「バーン」する予定。また保有者は様々なメリットを享受できるという。

ViaBTC社は、採掘業界に広範なビジネス展開を行うことで、暗号通貨マイニングの金融エコシステムを模索し、貴重な暗号採掘コミュニティのためのグローバル暗号通貨マイナーの力を蓄える計画だと述べています。

VIATはWormhole protocolを用いて20億枚発行され、10億枚が循環供給される。Coinexを通じて販売され、CETとWHC(ワームホール・キャッシュ)で購入できる見込み。現時点で開設日は未定です。

2016年6月に設立されたViaBTC社は、CoinDanceのデータによると、ビットコインキャッシュ(BCH)ハッシュレートの9%を占め、BCHネットワークで4番目に巨大な採掘プールです。ホワイトペーパーによると、同社は以下9種類の暗号通貨を採掘しています:BTC, BCH, LTC, DASH, ETH, ETC, ZEC, BTM, XMR。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る