COIN TOKYO

¥736,265
BTC +0.00%
¥23,333
ETH +0.08%
¥51.93
XRP +0.04%
¥50,488
BCH -0.03%
  • 2018/10/10
  • コイン東京編集部

GMO、2019年度に向けステーブルコイン「GMO Japanese YEN」を発行する準備を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
GMOインターネットは10月9日、日本円とペッグしたステーブルコイン「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」をアジア地域で発行する準備を本格的に開始することを発表しました。

一般的な仮想通貨はボラティリティが非常に激しく通貨として安定性に欠けますが、ステーブルコイン(Stable Coin)は一定期間、安定した価格、もしくは価値を持つように設計された仮想通貨のため、ボラティリティが少ないです。

ステーブルコインには「法定通貨担保型」、「仮想通貨担保型」、「無担保型」などに分けられますが、今回GMOインターネットが発行するGMO Japanese YENは日本円に担保された法定通貨担保型「円ペッグ通貨」で、カレンシーボード制を検討しているそうです。

発行の予定は2019年度を目処に、アジア地域へ向けて発行を開始する予定としています。

ステーブルコインを発行する経緯

プレスリリースによると、同社は仮想通貨に関連する事業領域には、大きく分けて「交換」・「マイニング」・「決済」の3領域があると考えており、その内の仮想通貨の「交換(GMOコイン)」、「マイニング(GMO miner:Z.com Cloud Mining)」の2領域にはすでに参入を果たしているものの、残る決済の領域については、ボラティリティの観点から仮想通貨が決済通貨となり得るのか調査・研究している段階でした。

こうした中、価格の安定を実現するステーブルコインのポテンシャルに着目し、将来的な仮想通貨の決済活用を見据え、仮想通貨のボーダレスな取引を支援するべく、ステーブルコインの発行に向けた準備を本格的に開始した模様です。

GMOインターネットはこの取り組み関し、仮想通貨の流通性を高め普及・発展させるには、送金・決済の際にリスクとなる価格変動(ボラティリティ)を安定させることが課題だと捉えていました。

実店舗で仮想通貨を決済として利用するにも、変動が激しすぎて不便を感じることが多々ありますが、ステーブルコインは変動が少ないことから、決済に向いている仮想通貨だと考えているようです。

まずはアジアから先行する計画ですが、将来的には日本での取り扱いもあり得るとしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る