COIN TOKYO

¥372,879
BTC +0.61%
¥9,870
ETH +0.69%
¥33.08
XRP +0.86%
¥8,551
BCH +1.44%
  • 2018/10/13
  • コイン東京編集部

有数の採掘プールViaBTC、「VIAT」トークンのICOを通じて2時間で約33億円を調達

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインキャッシュ(BCH)ブロックチェーンで実施された世界初のICO「VIAT」は、2時間強で3000万ドル(約33億円)の調達に成功したようです。VIATトークンは、大手採掘プールViaBTC社のエコシステムの向上に利用されます。

ViaBTC

2016年6月に設立されたViaBTC社は、世界で5番目に大きい採掘プールとされる。現在、CoinDanceのデータによると、ビットコインキャッシュ(BCH)ハッシュレートの9%を占め、BCHネットワークでは4番目に巨大な採掘プールです。ホワイトペーパーによると、同社は以下9種類の暗号通貨を採掘しています:BTC, BCH, LTC, DASH, ETH, ETC, ZEC, BTM, XMR。

ViaBTC社は、3月に採掘ハードウェア製造大手Bitmain(ビットメイン)から2000万元(3億2400万円)の資金調達の末、独自の暗号通貨取引所CoinExを昨年12月に開設しました。

ViaBTCのICO

最近、中国で最大の暗号通貨採掘プールの1つであるViaBTCは、Wormholeプロトコルとビットコインキャッシュ(BCH)ブロックチェーンを使用して、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施しました。

トークンセールは暗号通貨取引所CoinExで実施。低調なICO市場にもかかわらず、2.2時間で3000万ドルを調達したという。

10月1日、ViaBTCは新しいトークンViaBTCトークン(VIAT)を発表しました。ViaBTCは、これを「付加価値サービスと特典トークン」と呼びます。主に採掘プールのエコシステムのガス(燃料)または価値移転ツールとして使用される予定です。

発行量は20億枚、そのうち7億5,000万枚がCoinExのVIPとCETのユーザー(ICOセール)を含むコミュニティに割り当てられます。2億5,000万のパートナーによって共有され、残りはマイニングとして少しずつリリースされる予定です。

10月9日にVIATトークンをトレードしたCoinExのユーザは、取引所のCETトークンのエアドロップを受け取っています。

ViaBTCのホワイトペーパーによると、VIATトークンの残りの50%は、「DUOマイニング」メソッドによってリリースされます。DUOマイニングは、ViaBTCマイナーに安定したマイニングペイアウトを提供する仕組み、またVIATの追加ペイアウトも適時行われる。ViaBTCは、バイバックとバーンのプロセスも、以下のように設定しています。

“ViaBTCは、各四半期末にVIATを買い戻し、その四半期の収益の20%でVIATを「バーン」する。良性のデフレーションモデルに基づいて、着実にVIATの総量を減らします。”

ViaBTC採掘プール・エコシステムでVIATトークンが使用される予定です。例えば、プールの料金やマイナーの購入、取引の促進策、その他のViaBTCの特典の受取りなど。

VIATトークンのプロジェクトチームには、Bitmainの共同設立者兼CEOであるJihan Wu(ジハン・ウー)氏や、BCHエバンジェリストRoger Ver(ロジャー・バー)氏が参加しています。

トークンを発行した採掘プールはViaBTC以外にも存在します。8月に、Huobiの採掘プールが、独自のネイティブトークン(HPT)を発行しています。UU PoolやBW Poolなどの複数の小規模なプールに対応するトークンです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る