COIN TOKYO

¥510,714
BTC +0.20%
¥15,062
ETH +0.24%
¥49.60
XRP +0.46%
¥25,383
BCH +0.63%
  • 2018/10/16
  • コイン東京編集部

バイナンスが最初の”法定通貨ペアの取引市場”をウガンダで今月スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
15日、暗号通貨取引所バイナンスのウガンダでの正式なサービス開始予定が発表されました。ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は、法定通貨ウガンダシリング(UGX)とのペアが提供されます。10月17日に預金が開始され、順次トレードもオープンする予定です。

法定通貨ペアの導入

15日の発表で、バイナンスは以下のように述べています;
「Binance Uganda Exchange(バイナンス・ウガンダ)の公式なローンチを発表できて嬉しく思っています。ユーザーはログイン後、ユーザーセンターでアカウントの完全な承認作業を完了できるようになりました。

ウガンダシリング(UGX)、BTCおよびETHの預金は、2018年10月17 日午前10:00(東アフリカ時間)に開始されます。バイナンス・ウガンダはBTC / UGXとETH / UGXの取引ペアをすぐにオープンします。トレーディングの開始時間は、後のアナウンスで発表されます。」

アフリカ全土への進出を目論む

5月末、バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏は、ウガンダ共和国の会議で同国での取引所開設に取り組んでいると表明していました。ウガンダだけでなくケニアを含むアフリカ全土への進出を目論んでいるとして、以下のように語りました。

「ウガンダは出発点としては非常に良い場所です。バイナンスはアフリカ全体に拡大したいと考えています。ウガンダだけに活動範囲を制限するつもりではありません。」

6月に、バイナンスはウガンダ版の事前登録を募りました。「www.binance.co.ug」を介して初期登録した2万人のユーザーに、0.5 BNB(合計1万BNB)の報酬を用意しました。さらにバイナンスチームは、プラットフォームが稼働後、1か月間の取引手数料をゼロにすると約束しました。

ウガンダの経済発展を支援する

バイナンスの最高財務責任者Wei Zhou氏は、法定通貨の取引ペアを「イノベーション」と呼び、「アフリカの持続可能な経済発展を支えるため、ブロックチェーン技術を使用する努力の第一歩」であるとコメントしました。

バイナンスはウガンダの経済発展の促進に取り組んでいます。地元の起業家のための機会を創出するため、地元の複数の非営利団体と提携。特にウガンダのブロックチェーンの促進団体であるクリプト・サバンナと共同で、ブロックチェーン技術に関わる同国の経済発展と青少年の雇用を支援しています。

バイナンスは法定通貨ペアのサポートは、待望されていました。これまで合法的な銀行パートナーがいなかったため、テザー(USDT)などの「ステーブルコイン」を代用品に頼ってきました。バイナンスは今後、シンガポールドルの導入が期待されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る