COIN TOKYO

¥511,686
BTC +0.41%
¥15,072
ETH +0.35%
¥49.62
XRP +0.44%
¥25,448
BCH +0.85%
  • 2018/10/19
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)はレンジ相場を継続中、今後上下のどちらに動き出すのか?-10月18日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月16日より新たなレンジ相場へ切り替わった仮想通貨ビットコイン(BTC)、レンジ相場内では9月上旬からの下降トレンドラインも入り込んでいましたが、本日10月18日現在までの値動きではトレンドラインに大きな影響を受けず値動きを継続させています。今後ビットコインは上下のどちらに動き出すのでしょうか?チャートを確認していきます。

下降トレンドラインを突破した仮想通貨ビットコイン(BTC)だがレジスタンスラインは突破できず

(TraidingViewのBTCJPY 15分足チャート)

BTC/JPYの15分足チャートをみていきます。10月16日以降、サポートラインを71万9千円台、レジスタンスラインを73万円台としたレンジ相場へと切り替わりました。レンジ相場内には9月4日以降の下降トレンドラインも入り込んでおり、10月16日~17日ではトレンドラインに抑えられた値動きもみられます。

しかし本日10月18日以降の値動きではトレンドラインを上に抜ける値動きをみせています。トレンドラインを抜け、一つの上昇トレンド転換を示唆したいBTCですが、レジスタンスラインである73万円台ではこれまでと同様に反発する動きをみせました。

下降トレンドラインを抜けるも、レンジ相場でのレジスタンスラインで上抑えされたBTC、市場ではトレンドラインの突破を上昇のタイミングとは捉えていない可能性があります。本日10月18日も73万円台で反発したBTC、今後は下値をどこでつけるかがポイントとなります。

トレンドラインを一時抜けたBTC、下値をトレンドラインに合わせて止めた場合、トレンドラインに沿って下値を上げるBTCは上昇方向へ動き出す可能性が高まります。トレンドラインで下支えなく下落した場合、サポートライン周囲での値動きには注意が必要です。チャネルラインに反発後、上に抜けたトレンドラインを再び下に抜ける動きは戻り売りを発生させる可能性があります。

BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。10月15日よりレンジ相場へと切り替わったBTC、本日10月18日には9月上旬からのトレンドラインを抜けた形となりましたが、レンジ相場内でのレジスタンスラインには反発を受けています。

更に現在のローソク足直上には200日移動平均線も上抑えとして機能しており、これまで下支えとして機能出来た一目均衡表が非常に薄くなっています。このようにいくつかのテクニカル指標を視点に捉えた場合、現在のBTCは非常に不安定な状況にあり、いつでも下落できる状況ではないかと思います。まずは短期足チャートにてトレンドラインをサポートラインに切り替えるのか注目し、しっかりとした足場を見せていきたいところです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る