COIN TOKYO

¥510,529
BTC +0.07%
¥15,069
ETH +0.00%
¥49.55
XRP +0.33%
¥25,332
BCH +0.40%
  • 2018/10/19
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)は複数の時間足チャートにて強い上抑えが機能している、今後の価格はどうなるのか?-10月19日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月12日より再び緩やかに上昇チャートを形成している仮想通貨リップル(XRP)でしたが、10月17日以降のリップルは伸び悩む状況が続いています。現在のリップルチャートでは複数の時間足チャートにて強い上抑えが働いている状況にあります。今後リップルはどのような値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

上昇チャートの勢いが衰えた仮想通貨リップル(XRP)、長期移動平均線に上昇を抑えられた形に

(TraidingViewのXRPBTC 2時間足チャート)

XRP/BTCの2時間足チャートをみていきます。10月12日より再び上昇チャートを形成してきたXRPではありましたが、10月17日に上値を0.000073BTC台までつけた後は下落方向への値動きへ切り替わっています。10月17日の0.000073BTC台という価格帯は2時間足チャートにて200日移動平均線にあたる価格帯です。また新たな上値形成後も、この200日移動平均線に沿って上値を切り下げていることがわかります。

長期移動平均線に合わせて上値を切り下げ始めているXRP、本日10月19日には0.000068BTC台接触後再び上昇する動きが確認され、方向感の無い値動きとなっていることがわかります。上値は長期移動平均線に抑えられている形をとっているXRPですが、下値についても一目均衡表の雲が本日以降広がる見通しとなり、一つの下支え要因となる可能性はあります。

次にXRP/BTCの日足チャートをみていきます。2時間足チャートにて上昇を200日移動平均線で抑えられている形をとっているXRPですが、日足チャートでも同様に現在の価格帯は200日移動平均線に押さえ込まれた形をとっていることがわかります。

また日足チャートでは10月15日から17日で一目均衡表の雲を非常に薄くする形となり、更に大きく上方へ移動しています。突如大きく上に移動した一目均衡表雲に対して現在のXRPは雲の下に位置する形となってしまいました。

強いテクニカル要素は今後仮想通貨リップル(XRP)の下落を引き寄せるのか?

複数の時間足チャートにて200日移動平均線が上抑えとして位置しているリップル、2時間足チャート、4時間足チャートでは下値を一目均衡表雲で支持する動きもみられていますが、長期の移動平均線は非常に強い抵抗ラインへなっているのではないでしょうか。現在のリップルの買いには注意したほうが良いかもしれません。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る