COIN TOKYO

¥510,400
BTC +0.02%
¥15,045
ETH +0.03%
¥49.44
XRP -0.06%
¥25,369
BCH +0.41%
  • 2018/10/20
  • コイン東京編集部

PayPalのような送金サービスNetellerが仮想通貨を導入、BTC、ETH、BCH、LTCとフィアットを交換可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
19日、PayPalのような送金サービスNetellerは、利用者がビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインを購入・販売・送金できる様になりました。

暗号通貨送金からフィアットへの変換が可能に

Netellerは100を超える預金提携サービスを誇り、VISAなどのクレジットや28種類のフィアット(法定通貨)の銀行口座など、ユーザーのあらゆる預金ニーズに対応しています。自分好みのローカル手段を選んで、よりストレスフリーに暗号通貨を購入できるようになります。

Neteller社CEOのLorenzo Pellegrino氏は、次のように述べています;

「技術への多額の投資と暗号通貨の全体的な革新により、このスペースが急速に進化しました。企業や消費者にとって暗号通貨がますます受け入れられているため、これは私たちのプレゼンスを強化し続けている分野です。デジタル金融のリーダーとして、我々はここで重要な役割を果たし、業界と消費者の両方にとって価値を創出できると考えています。」

「暗号通貨が消費者の間で本当の牽引力を得るためには、暗号通貨と伝統的なマネーの点と点を効率的で使いやすい方法で接続する手段が必要です。当社はPaysafeにおいて、当社のデジタルウォレットやその他の支払いプロダクトを通じて、これを促進する素晴らしい立ち位置にあります。」

ここでPaysafeはNetellerの親会社です。Paysafeはクレジットカードの分野で2011年の早い段階で暗号スペースに参入。当時はビットコインを購入できる少数のツールの1つでした。現在、Netellerも暗号通貨を完全に統合しており、現在の米国で最大の暗号ブローカーであるCoinbase(コインベース)よりも安価な様です。売買手数料はEURとUSDが1.5%、他通貨は3%です。

〇Netellerの売買手数料、2018年10月

世界各地の人は、世界中の各所にお金を移動しやすくなり、Netellerユーザーは、すぐにそれをフィアット(法定通貨)に変えることができるようになる。暗号通貨の統合により、フィアットを暗号通貨に変換し、暗号を誰にでも数秒で送ることができます。受信者は再度それをフィアットに変換すればよい。

伝統的な金融システムは、国境を越えてお金を動かす際、遅くて高コストな傾向があります。Netellerでの暗号通貨の統合は、新たな世界の兆候を示しているのかもしれない。

特にNetellerのようなフィアットに接続している場合、暗号通貨は国際的な送金や国際支払いに非常に便利です。望むべくは、将来的にはさらに普及した大規模な銀行の口座に統合されるよう期待されます。

Neteller(ネッテラー)とは?

Netellerはイギリスの当局に認可されて、世界中で多くのユーザーにギャンブルサイトや他の資金送金ニーズに利用されてきました。※Netellerは2016年9月より日本人のギャンブルを目的とした利用を停止しています。日本人はNetellerを使ったカジノへの入出金はできません。

Netellerの親会社Paysafe Financial Services Limited は1999年に設立され、法人および個人のお客様に従来の決済方法に代わるオンライン決済サービスを提供しています。

日本においてNETELLERのサービスは、ペイセイフ・ジャパン株式会社が提供しています。
日本において設立されたペイセイフ・ジャパン株式会社は、Paysafe Group Limited の子会社です。ペイセイフ・ジャパン株式会社は、金融庁から「資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)」に基づき資金移動業者の登録を得ています。(関東財務局長第00051号)


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る