COIN TOKYO

¥626,617
BTC +0.25%
¥19,544
ETH -0.06%
¥54.79
XRP +0.99%
¥44,306
BCH +0.39%
  • 2018/10/25
  • コイン東京編集部

HTCが最初のブロックチェーンスマホEXODUS 1を仮想通貨だけで販売する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾HTCの最初のブロックチェーン対応スマートフォン「EXODUS 1」の発売が近づいています。同社は火曜日、HTC Exodusの“早期アクセス版”の予約注文の受付開始を発表しました。端末は、暗号通貨で購入する必要があります。12月の出荷を計画しています。

EXODUS 1のセキュリティ



EXODUS 1は、米国、香港、シンガポール、ニュージーランド、英国及び欧州各国の34カ国のユーザーが利用できる。HTCは、デバイスの一般発売時期については公表していません。

EXODUS 1の主な特徴は、そのセキュリティです。ハードウェア暗号化ウォレットとして開発されており、端末のローカルウォレットにデジタル資産を安全に保管できる設計です。

7月には、サムスン電子が、トラステッド・エグゼクション・エンバイロンメント(TEE)というエコシステムを発表、スマートフォンがデスクトップやウェブなどの他のデバイスよりも暗号通貨の支払い処理をより安全にする方法を主張しました。

TEEでは、独自のメモリとストレージが別個の実行環境で動作します。これにより、ハッキング攻撃やセキュリティ侵害があっても、格納された情報は晒されないという。SamsungのシニアITコンサルタントJoel Snyder(ジョエル・スナイダー)氏は、「ハードウェアベースのTEEのメリットにより秘密キーは保護されます。ただし、重要な警告があります。ナイーブなウォレット開発者は、単純にキーを電話機の通常の内部ストレージに格納したがるかもしれない。その場合、このスマートフォン・プラットフォームを使用することによる保護はほとんど適用されない。」と説明しました。

HTCのExodus 1は、このエコシステムを活用して、「セキュアエンクレーブ」機能を実装、保存した秘密鍵を、Androidオペレーティングシステムから保護されます。また、他のセキュリティ機能を活用して、暗号通貨のための安全な環境を作り出します。

暗号通貨限定販売の理由

EXODUS 1は、ビットコイン(0.15 BTC)かイーサリアム(4.78 ETH)で購入可能、1BTC=6,500ドル換算で約975ドルです。ただし、BTCの価格が上昇すると、端末価格も上昇します。BTCはわずか4ヶ月前に10,000ドルでした。1BTC=10,000ドルの場合、Exodus 1は1台1,500ドルに上昇する可能性があります。

HTCの分散型チーフ・オフィサーPhil Chen(フィル・チェン)氏は、BTCとETHでのみ販売する戦略について、香港メディアSCMPに語りました;

「暗号通貨だけで販売することは、これを直接コアなオーディエンスと、このデバイスを望む人々、つまりブロックチェーンのコミュニティへもたらす事を意味します。我々の暗号通貨への信条を反映しています。実際には、新たなディストリビューターの確保など、内部で多くのプロセスを克服する必要がありました。そのうえで、支払い形態として暗号通貨のみを受け入れる目標を達成できています。」

Phil Chen氏は、端末を改善するために、早期アクセス版についてブロックチェーン・コミュニティからのフィードバックを望むとコインデスクに語っています;

「目標は、ブロックチェーンのコミュニティから始めて、ウォレットや技術をより安全にしたい。...最近の数字によれば、現在市場には約3500万のウォレットがあります。HTC EXODUS 1は、消費者が自分のキーを所有する事に慣れるところから始めて、EXODUSをさらに広範な市場に対応できるデバイスに発展させていきたい。」

HTCはまた、EXODUS 1を使用してキーを保護し、トランザクションに署名することを可能にする、サードパーティ開発者用のAPIをリリースする予定です。さらに、HTCのブロックチェーンエコシステムの拡張を支援するパートナー向けに、ウォレット用のソフトウェア開発キット(SDK)をプッシュする予定です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る