COIN TOKYO

¥723,631
BTC -0.09%
¥23,472
ETH -0.20%
¥57.75
XRP -0.36%
¥56,738
BCH -3.41%
  • 2018/10/25
  • コイン東京編集部

株式会社イードがmijinのブロックチェーン技術を用いたスマホアプリGameDaysの配信を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月24日、ゲーム情報サイト「インサイド」「Game*Spark」を運営する株式会社イードは、8月に公表したブロックチェーンを活用したトークンエコノミープロジェクトGameDaysのスマートフォン向けアプリ(iOS,Android)の配信を開始しました。

GameDaysではブロックチェーンを用いたトークンを通じてゲームとプレイヤーの新しい関係を構築します。

主な機能

1・ゲーム情報の閲覧
2・Steamと連携
3・ゲームプレイの記録によってトークンを付与


1・ゲーム情報の閲覧
インサイドおよびGame*Sparkのゲーム情報サイトの最新情報を閲覧することができます。

2・Steamと連携
米国Valve Corporationが運営する世界最大のゲームプラットフォーム「Steam」と連携することで、ユーザーが遊んだゲームタイトルやプレイ時間を管理することができます。

3・ゲームプレイの記録によってトークンを付与
発行するトークンはSuper Gamers CoinとSuper Gamers XPの2種類で、記事の閲覧やゲームプレイの記録によって2種類のトークンが付与されていきます。
これによってトークンはユーザーのゲームに対する熱量を可視化する機能を持ちます。

トークンは有償での販売や、法定通貨や他のトークンとの交換を実施する予定はないということが、公表されています。

mijinを活用

8月にプロジェクト構想を公表し、テックビューロホールディングス株式会社のプライベートブロックチェーン「mijin」を活用しています。

mijinは仮想通貨NEMと共通の技術を用いたプライベート型ブロックチェーン技術で、テックビューロホールディングスがNEMのコア開発者らを迎え入れて開発を進めてきたものです。
mijinはパブリック型ブロックチェーンよりも高速に動作させることができ、NEMと共通の機能を備えています。

ゲームに関するさまざまなデジタルアセットをmijinでトークン化するなど、実証実験を続けながらアプリの開発を進めてきました。今回のアプリ配信により、同プロジェクトは正式スタートとなります。

GameDaysアプリで付与されたトークンは、アプリ内で記事への投げ銭として使用することができます。
その他にもトークンによるプレゼントへの応募や限定コンテンツの取得、イベントへの参加などへの利用も予定されていますが、これらの機能については順次アプリをバージョンアップし、今後追加していく予定とのことです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る