COIN TOKYO

¥626,617
BTC +0.25%
¥19,544
ETH -0.06%
¥54.79
XRP +0.99%
¥44,306
BCH +0.39%
  • 2018/11/04
  • コイン東京編集部

暗号通貨取引所Liquid(リキッド)が米Geminiと提携、ワールドブックに参加へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2日、暗号通貨取引所Liquid(リキッド)は米国の取引所Gemini(ジェミナイ)、つまりウィンクルボス兄弟が設立した企業Gemini Trust Companyとのパートナーシップを発表しました。LiquidとGemini Trust Company社は共に、「コンプライアンス、規制、セキュリティ」を重視していると宣言しています。

Liquidのプラットフォームではステーブルコイン「ジェミニドル(GUSD)」を追加。Liquidはこの提携を通して「非常に必要とされる流動性と安定性」を暗号通貨スペース空間にもたらしたいと考えています。

「Liquid's External World Book(外部集約ワールドブック)」

さらに、取引所Geminiは、Liquidのグローバルの取引所をソースとする流動性プールである「Liquid's External World Book(外部集約ワールドブック)に参加します。

「ワールドブック」は、ユーザーが「Liquid」上で発注した全ての注文を統合する「内部オーダーブック」と、世界中でQUOINEと繋がっているパートナーの取引所や投資家(ワールドブック・パートナーズ)の注文を集約した「外部集約オーダーブック」から構成されます。

公式ブログによれば、内部ワールドブックはすでに特定のペアでLiquid上でアクティブです。

「Liquid」の中核である「ワールドブック」は、これまでBTC/JPY、BTC/USDなど建値通貨ペア毎の板に分かれていたユーザーの注文をリアルタイムで自動的に通貨換算することで、通貨ペア毎に異なっている流動性を束ねて単一のオーダーブックに統合し、ユーザー選択した通貨建てでの取引を可能とします。

当初から、流動性を高めることがLiquidの目標でした。QUOINEのビジョンは、“単一の、グローバルに供給源を持つソースと取引プラットフォーム”です。QUOINE/Liquidが十分なパートナーとの外部集約オーダーブックを上手く引き出すことができれば、望ましい通貨またはコインの組み合わせごとに流動性を確保でき、高速な取引を可能にすると考えられます。

LiquidにGUSDの取引ペア

トレーダーは暗号市場で高い流動性を求めているため、GUSDのようなステーブルコインを追加することは、GUSDとLiquidの両方の人気を高めようとしているようです。

Geminiは、NasdaqやビットコインベースのETF申請のリンクを有しており、規制当局と緊密に協力してきました(1*)。GUSDは、米ドルに固定された規制されたステーブルコインです。現在、数十カ所の取引所に上場しています。

当初、LiquidプラットフォームでGUSDはビットコインとイーサリアムとだけ取引可能となるが、Liquidは提供する取引ペアの数を拡大する予定です。

2014年に設立されたフィンテック企業Quoine(コイン)は、2018年9月に各市場における流動性の統一を目的としたプラットフォームLiquid取引所を開設しました。150以上の暗号通貨をサポートし、米ドル、ユーロ、および日本円など10種類のフィアット(法定通貨)に対応します。コインマーケットキャップによると、Liquidは24時間の取引量57億8500万円で市場で第78位にランクされています。

(1*)Geminiは、ニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)によって規制されているニューヨークの信託会社です。受託者として、NYSDFSおよびニューヨーク銀行法によって定められた資本準備金、サイバーセキュリティ要件、および銀行コンプライアンス基準に従っています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る