COIN TOKYO

¥628,272
BTC +0.46%
¥19,624
ETH +0.35%
¥54.99
XRP +1.37%
¥44,294
BCH +0.39%
  • 2018/11/06
  • コイン東京編集部

ビットコインキャッシュ(BCH)の提案者Ryan X氏が、チェーン分割(スプリット)を避ける処置を提案

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインキャッシュ(BCH)の提案者であるMoney Button(ウォレットサービス)のCEO、Ryan X Charles(ライアンXチャールズ)氏は、ビットコインキャッシュ・ブロックチェーンの分割(スプリット)を防止する手続き「反分割手続き」を説明しました。

BCHネットワークの分割問題

BCHネットワークのフォークは11月15日に迫っています。今回は、ハッシュ・バトルと一時的なブロックチェーン・スプリット(分割)が予期されています(1*)。多くのウォレットや取引所は、この期間中にサービスを一時停止する場合があります。もし、ハッシュ・バトルが長引くと、無期限にサービスを停止する可能性が危惧されています。

最初にCharles氏は、BCHチェーンスプリットは"悪い状況"だと述べて、これを望んでいないと立場を表明しました。

チェーンが分割すると、より多くの人が使用することで生じるネットワーク効果を損なう結果につながると述べました。取引所の数、利用する人々など、分割はBCHネットワークを価格の面ではなく、実用性の面で以前の価値の4分の1になると指摘しました。

Charles氏は昨年のビットコインキャッシュの出現の時に設置された、リプレイプロテクションについて話しました。この機能によって、すべてのトランザクションで異なるフォークIDと異なる署名アルゴリズムの使用を必要とさせて、ビットコイン(BTC)はなく、ビットコインキャッシュでトランザクションを有効化できるようにしました。

しかし、今回のBCHの分割は別のケースであるという。この分割ではリプレイプロテクションは組み込まれていません。つまり、デフォルトではすべてのウォレットがABCとSVの両方のチェーンで有効なトランザクションを作成します。

この点でBitcoin.comは、トランザクションに「OP_CHECKDATASIG」を利用してリプレイプロテクションを追加する計画を発表しました。Charles氏は、「同社がブロックチェーンではなく、トランザクション履歴を分割しようとしている」と解説し、この処置に反対意見を述べています。

同氏は、ネットワーク上に2つの異なる「トランザクション・チェーン(2*)」が存在することを認識することの重要性を説明しました。トランザクション自身は前のインプットデータ及びコインベースに紐づく独自のチェーンを持ちます。このトランザクション・チェーン自身は、それがどのブロックチェーンに含まれるかは知りません。

反分割手続き(Anti-split procedure)

ブログでCharles氏は、「幸運なことに、ウォレットや取引所がハッシュ・バトルの間に動作し続け、決着がついたら勝利側につくことが保証されます。」とプランを提案しました。

Charles氏は、分割に反対で統一に賛成する取引所やウォレットは、リプレイプロテクションを追加しないよう提案しています。

ウォレットで発生するすべてのトランザクションが両方のチェーンに存在します。そして、両方のチェーンで有効なトランザクションのみが、有効であるとみなされる必要があります。この場合、1つのチェーンでのみ有効なトランザクション(分割トランザクション)はステイシス(停滞)で保持され、ハッシュバトルが終了するまで使用できません。

ハッシュ・バトルの後、勝利側のトランザクションはステイシスから取り除かれ、消費されたり出金できます。敗者側の分割トランザクションは消滅します。

Charles氏によると、BCHコインのスプリット(分割)に反対する理由は、片方の資金が確実に失われてしまうからです。しかし上記の方法によって、BCH上に構築されたMoneyButton(ウォレット)のような多くのサービスが、分割によって起きる可能性のある資金の損失を、効果的に保護できることになります。一方で、リプレイプロテクションを処置すると、他のチェーンが勝利すればユーザーの資金が消滅する可能性があります。

Charles氏によると、仮に取引所がハッシュバトル期間中に、2つのチェーンを別々に上場することを決めた場合、反分割コインの価格は各チェーンのコインの合計と考えられます。

価格(BCH)= 価格(ABC)+ 価格(SV)

同氏はハッシュバトルが解決されると、ブロックチェーンが1つとなり、価格は分割されなくなると述べました。

(1*)11月15日に予定されるビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークは、開発者Bitcoin ABCが提起したバージョンと、BitcoinSV(ビットコインサトシヴィジョン:BSV)のバージョンに分割する可能性が議論されています。

(2*)ブロックチェーンではない。ブロックの連鎖ではなく、トランザクションの連鎖の事。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る