COIN TOKYO

¥372,414
BTC +0.11%
¥9,851
ETH +0.03%
¥33.05
XRP +0.26%
¥8,440
BCH -1.27%
  • 2018/11/12
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は再びサポートライン近辺での値動きを開始し、売り圧力が高まる。今後の値動きはどうなる?-11月11日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ビットコイン(BTC)は11月9日に下値を更新する動きをみせ、その後は再び上昇の動きをみせました。しかし上昇は限定的であり、本日11月11日のBTCチャートは下落チャートへ戻ります。再度サポートライン近辺での値動きをみせているビットコインはこのまま大きく下落してしまうのでしょうか?チャートをみていきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)はhead and shoulderを形成しながらサポートライン近辺での値動きを継続中

BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。11月に入り上昇チャートを形成してきたBTCでしたが、11月7日以降下落チャートを形成、11月9日には下値を71万円台まで更新する形となりました。71万円台接触にてようやく下落を止めたBTC、新たなサポートラインを形成し、再び上昇チャートを形成します。しかしBTCの上昇チャートは限定的となり、上値は72万5千円台までとなりました。BTCチャートを見た場合、丁度30日、90日移動平均線に接触したタイミングで上昇を終えたということになります。

72万5千円台まで上値をつけたBTCはその後再び下落チャートを形成します。本日11月11日には再びサポートライン近辺での値動きをみせています。現在、BTCチャートのサポートラインは71万6千円台です。この価格帯はBTCにとって今年転換線となりやすい価格帯となっています。

移動平均線を視点に入れた場合、現在のBTCは短期から長期までの全ての移動平均線を再び下回る形となっており、弱気相場となっていることがわかります。また現在BTCチャートでは11月4日以降のチャートにてhead and shoulderのパターンが形成されており、ネックラインはまさに現在のサポートラインということになります。

BTC/JPYの15分足チャートをみていきます。本日11月11日に再びサポートライン近辺での値動きをみせているBTC、チャートをみると下落の動きに対して反発の動きも確認でき、ローソク足には下ヒゲを伴っていることがわかります。しかし下ヒゲを伴うローソク足を形成しているもかかわらずチャートは更に下落という動きを繰り返しています。またBTCの注文比率を見た場合、本日11月11日には買い注文量を大きく解消する動きも確認されています。これらの要因により現在のBTCは、サポートライン接触に対して反発の動きも確実にあるものの、それ以上に現在売り圧力が強い状況にあるということが判断できます。

現在サポートラインに接触しているBTCですが、同時にhead and shoulderのRt.shoulderの終点となっており、ネックライン近辺での値動きとも言えます。今後現在の価格から反発をみせた場合、head and shoulderを否定することとなり、上昇する可能性が大きく高まりますが、本日のチャートからみると現在は売り圧力が優勢となっているように感じます。どちらにしても大きく動き出す可能性のある一つの場所にあたる本日から明日は注意して取引を行う方が良いでしょう。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る