COIN TOKYO

¥372,570
BTC +0.53%
¥9,859
ETH +0.55%
¥33.04
XRP +0.75%
¥8,558
BCH +1.64%
  • 2018/11/16
  • コイン東京編集部

米コインベースが出資する家庭用のクリプトマイニング装置「Coinmine One」が発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国のスタートアップCoinmine社は、暗号通貨のマイニング装置「Coinmine One」をリリースする予定です。Coinmine Oneの特徴は静かで、掃除機よりも電力消費量が抑えられている点です。また、アップルスタイルの魅力的なデザインを誇ってています。これは、通常のマイニングに使用されるデバイスとは対照的です。同社は事前注文の受付を開始しました。

初期は4コインのマイニングに対応

「Coinmine One」の価格は799ドル(約9万円)。このデバイスは通常のGPUチップを使用するため、ビットコイン(BTC)の採掘には向かない様です。公式ウェブサイトによると、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ジーキャッシュ、モネロの4コインの採掘が想定されています。

また、所有者が将来他の暗号通貨を追加できるように独自のオペレーティングシステムも搭載されているという。

Coinmine社は、コインベース・ベンチャーズ、アーリントン・ベンチャーズ、コインベース社CTOのBalaji Srinivasan氏などから200万ドルを調達しました。Balaji氏によれば、このデバイスは純粋なメイクマネーの機会を提示します。

「所有者が眠っている間にお金を稼ぐデバイスを壁に差し込むことができる、これはとてもクールなアイデアです。純粋に経済的な命題として、電力とハードウェアデバイスのコストと、採掘するコインまたはトークンのコストとのバランスをとる必要があります。おそらくどこかで常にアービトラージ(裁定取引)が存在するようになったので、多くの選択肢があります。」

ライトニングへの対応

Coinmine社CEOのFarb Nivi氏によると、このホームマイナーには、暗号通貨の愛好家にとって追加の魅力があります。

MineOSの自動アップデートでは、ライトニング・ネットワークにアクセスを提供します。他にもGrin、Dfinity、Filecoinなどの新しい暗号通貨ネットワークにも対応します。この機能により、ユーザは次の重要な暗号ネットワークに電力を供給する機会を確保します。

なお、Coinmine社はユーザーの代わりに通貨を収集し、同社の企業サーバー上のウォレットに保管。5%を手数料として徴収します。

家庭用の暗号通貨マイニング向けのデバイスには、中国の大手採掘マシンメーカーCanaan社のビットコイン採掘テレビがある。8月に同社は「AvalonMiner Inside」を発売しました。
このデバイスは100W / Tで1秒あたり2.8兆ハッシュを処理することができます。これはテレビとしては妥当な出力に抑えられています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る