COIN TOKYO

¥372,480
BTC +0.58%
¥9,900
ETH +0.90%
¥33.25
XRP +0.43%
¥8,641
BCH -2.03%
  • 2018/11/20
  • コイン東京編集部

イーサリアムのハッシュ値が9か月ぶりの低水準に、ビットコインは難易度も低下

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアム(ETH)のハッシュレート が2月以来の低水準にまで下落しています。8月の最高値の毎秒297テラハッシュ(TH/S)から、現在236テラハッシュに約20%減少しました。20日時点にイーサリアムは1ETH=149.79ドル(16,842.98円)です。

イーサリアム価格が採掘コストを割る

〇イーサリアムの2015年からのハッシュ値 出典:etherscan

マイナーとしては苦しい状況かもしれません。8月にある産業マイナーによると、電気料金だけでも1ETHあたり152ドル(約17,024円)のコストがかかります。もちろん、ハードウェアや、賃料やストレージ、従業員、税金など、その他のコストも上乗せされます。

152ドルの電力コストは、kWhあたり12セントを前提としていますが、中国や米国の一部の地域では、約5セントで取得できる場合があります。その場合、1ETHの電力コストは約91ドルです。他のコストを加味すると、5セントのマイナーですら現在価格では損失を被るかもしれません。

トラストノードは、考えられる2つの影響を指摘しました。1つはハードウェアを購入するためにETHを売却する必要が無くなり、マイナーの売り圧力が低下する事。売却量は、コストをカバーする分の最小限に抑えられます。もう1つは、イーサリアム(ETH)を採掘するより、単にETHを購入するほうが期待値(EV)が高まる可能性です。

いずれにせよ、マイナーによるイーサリアムの売り圧力が今年最も低水準にあると結論付けました。同時に、11月に予定されたコンスタンティノープルの延期により、依然として採掘報酬が3ETHとされ、インフレ率が6.4%と比較的高い水準に維持されている点に留意しました。なお、ビットコインは3.8%です。

ハッシュ値と難易度の低下を示すビットコイン

ビットコイン(BTC)のハッシュレートは、2年間で最も急激な低下を経験しています。10月4日の最高値から11.6%低下しました。20日時点にビットコインは1BTC=4,894.42ドル(550,336円)です。

ビットコインは、年始に毎秒約16エクサハッシュ(Eh/s)で始まり、最大約60エクサハッシュ (Eh/s)に達していました。現在は42.7 エクサに減少しています。

〇1年間のBTC難易度の推移 出典:bitinfocharts.com

ハッシュ値に伴ってマイニングの難易度(ディフィカルティ)が停滞しています。ビットコインのソフトウェアは2016ブロック毎に難易度を調整します。10分に1ブロックを採掘するため、約2週間かかります。10月17日の7.45Tから現在は6.65Tに低下しています。

本来、マイナー間の競争が激化して、投入されている計算パワーが増え続けると、基本的にハッシュレートと難易度は上がり続けます。

最近、分析企業Element Groupは、ディフィカルティの変動が示す市場のシグナルを主張しました。アナリストによると、長期間の下落や平坦な採掘難易度は、下降する市場の底を示す可能性があるという。

一方で、ビットコインキャッシュ(BCH)のマイナー間のハッシュ戦争の最中、一部マイナーがビットコイン(BTC)からBCHに切り替えた可能性を指摘しました。しかし、現在のところBTCネットワークへの影響は限定的と見られています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る