COIN TOKYO

¥372,480
BTC +0.58%
¥9,900
ETH +0.90%
¥33.25
XRP +0.43%
¥8,641
BCH -2.03%
  • 2018/11/25
  • コイン東京編集部

シンガポールで最初の未公開株取引所がイーサリアム・ブロックチェーンで構築へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
21日、グローバルプライベートキャピタルプラットフォームCapBridge社は、シンガポール通貨監督庁(MAS)からRMO(規制市場オペレーター)のステータスを取得しました。

同社は企業向けイーサリアムブロックチェーン技術会社ConsenSys(コンセンシス)と協力して、完全に規制に準拠した最初の未公開株の証券取引市場を、イーサリアム・パブリックブロックチェーン上に構築する計画を発表しました。

完全に規制されたブロックチェーン取引所

CapBridge社が運営する証券取引所1X(ワンエクスチェンジ)は、M&A(合併買収)やIPO(株式公開)などの流動性出口イベントを運用します。同社創設者Johnson Chen氏によると、MASのライセンス取得プロセスに2年近く費やしたという;

「ビジネスケースを明確化し、適切なリスク管理と厳格なガバナンスを含むITシステムを確保することが要求されました。規制や証券法の業界専門家との継続的な対話や規制への関与もありました。」

「RMOの取引所ライセンスにより、成長資本を求める企業や、代替成長オプションを探し求める投資家に、より一層統合されたプライベートキャピタルサービスを提供できるようになりました。当社の包括的アプローチは、成長企業への資本移動を強化し、民間投資家の流動性オプションを向上させ、その過程でより広い資本市場のエコシステムを育みます。」

Chen氏によると、取引所の主要な特徴には、スマートコントラクトベースの認証と銀行振り込みなどのフィアット(法定通貨)決済が含まれる。当初において、投資家が依然として懸念する、暗号通貨のボラティリティへの関与を回避するのに効果的だという。

「信頼できるインフラストラクチャを構築することを目指しています。当社は、カウンターパーティリスクを抑えた、またはゼロの、規制された商品を世界中で取引する能力を備えています。」

ConsenSysとのプラットフォームの展開

今後の展望として、取引所がより確立され、さらなるプロトコルが整備された場合に、セキュリティトークンの上場や取引を含む、様々な暗号ベースのサービスが提供される予定です;

「当社は、セキュリティと認証の追加レイヤーを提供するためにConsenSysと協力しています。スマートコントラクトを導入すれば決済効率が向上され、ユーザーは資産の保管を直接行えるようになります。」

CapBridgeは中堅から後期の成長企業にサービスを提供しています。同社は投資家に対し、企業の資金調達をリードする機会を提供します。また、投資家は、付加価値投資戦略の交渉、デューデリジェンスの実施、ポートフォリオのポジションや出口管理を行います。これらの機会は、特定分野のリードインベスターが集めたデータを使用する、同じ条件下の共同投資家に提供されます。

共同投資プロセスは、投資家との契約をマッチさせてプロセスの促進を目指す、同社のインテリジェンスプラットフォームで電子的に行われます。

ワンエクスチェンジは、投資家が透明かつ中央管理された環境で私募証券を売買できる、規制された未公開株の証券取引所です。プラットフォームは、資本を求めるまたは流動性イベント(保有株式の現金化)を準備する企業や、経営変更を計画する家族経営の企業、顧客と従業員の株式保有を収益化したいベンチャー支援企業向けに構築されました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る