COIN TOKYO

¥779,497
BTC -0.11%
¥15,636
ETH +0.00%
¥23.79
XRP -0.08%
¥22,701
BCH -0.13%
  • 2018/11/25
  • 2018/11/25
  • コイン東京編集部 アオ

韓国の伝統的金融メディア「マネー・トゥデイ」がサミット「CHAIN PLUS +」を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の様々な業界のトップ企業が、暗号通貨とブロックチェーン市場に進出しています。韓国の巨大な経済・金融メディアグループMTN(マネー・トゥデイ・ネットワーク)は、2019年1月23、24日に国際的なブロックチェーン・サミット「CHAIN PLUS +」を共同開催する予定です。

韓国の財閥は暗号分野に参入している

韓国では、家族経営の財閥が経済の大部分を支配しています。代表的な財閥であるサムスン電子(Samsung)は子会社を通して、ブロックチェーンを活用した金融プラットフォームNexledgerを、今年6月に発表した。最近では、サムスンが支援するスタートアップAERGOが、セコイア・キャピタル・チャイナとGBICなどのトップ投資家から、3000万ドルを調達した。

主要な財閥が関係している韓国の暗号通貨取引所は以下の通りです;

Upbit:No.1ソーシャルネットワークアプリ「カカオトーク」で知られるインターネット企業カカオの子会社Dunamuに運営されています。同社はまた、カカオブロックチェーンラボを設立しました。

Korbit:ゲーム業界の大手ネクソン/ NXCとSKテレコムが支援。ネクソンは昨年8000万ドルで経営権を買収しました。

Coinone:イエロー・モバイルの支援の他、モバイルコマース、メディアなどの利害関係者、デイリー・ファイナンス等が関係している。

Gopax:新韓銀行、デジタルカレンシィグループから資金調達している。

ブロックチェーン・サミット「CHAIN PLUS +」

韓国の巨大な経済・金融メディアグループMTN(マネー・トゥデイ・ネットワーク)もまた、ブロックチェーンと暗号通貨産業に目を向けています。同社は、2019年1月23、24日に国際的なブロックチェーン・サミット「CHAIN PLUS +」を共同開催する予定です。

2001年5月に設立されたMTNグループは、韓国で最も信頼される金融メディアの一つです。金融、株式市場、市場分析、不動産および金融分野に関連するウェブニュースを中心に、本格的な経済ケーブルチャンネル「マネー・トゥデイ」を所有しています。

さらにChainers社は、世界でトップクラスの伝統的な金融アドバイザーでVCのVision Creatorと、No.1中国大手のエコシステムビルダーBlockchainer社によって共同設立されました。これまでChainersは、AE、Terra、ONT、Bumoなどの著名な暗号プロジェクトにビジネスソリューションを提供してきました。

「CHAIN PLUS +」は、第2回Chainersブロックチェーンウィークにおける、2日間のサミットとして開催されます。CHAIN PLUSは、ブロックチェーンプロジェクトと地元企業との間の橋渡しを目指します。

MTN社は伝統的な信頼と大きな社会的影響力を生かして、韓国政府、議会、巨大企業から重要なゲストを招きます。一方、韓国のブロックチェーン協会、KBIP Lab、Decipher、POSTECHなどトップクラスの開発者コミュニティから大きな支持を得て、Chainersは韓国の大手デベロッパーの25%以上、及び著名なインフルエンサーをこの会議に出席させる予定です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る