COIN TOKYO

¥390,074
BTC -0.16%
¥10,185
ETH +0.00%
¥34.50
XRP -0.16%
¥9,899
BCH -0.36%
  • 2018/11/25
  • コイン東京編集部

2016年のICOプロジェクトICONOMI(イコノミ)がトークンの証券化プロセスを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年にICOで開設されたデジタル資産管理プラットフォームICONOMI(イコノミ)は、ユーティリティトークン(ICN)をセキュリティトークン(eICN)への変換プロセスを進めています。証券のトークン化のプロセスは、2019年Q1に開始されます。

ユーティリティからセキュリティへの交換

ICONOMIは、2016年から2017年のICOの中で証券化プロセスを実行する最初のトークンです。同社は2016年にICOで6,900ビットコインと20万イーサリアム、合計約11億円相当を調達した後、ICNトークンをトークン化した証券に変換することになります。ICONOMIは以下のように述べています;

「ここ数ヶ月で、法的枠組みはICONOMIが想定していたコーポレートガバナンスをまだサポートすることができておらず、当社の現行の会社構成は、トークン所有者にとって理想的な利益を達成する最良の方法では無い事が分かりました。そのため当社はリヒテンシュタインに合資会社を設立するとともに、会社自身を伝統的な法的構造に移行することにより、株式をトークン化し、セキュリティトークン(eICN)を発行して、企業の未来を保証する事を決定しました。」

ICNのホルダーは、トークンを1:1の割合でeICNに交換できます。もしくは一定期間、ICNあたり0.0019 ETH(23セント:25.7円)相当の固定価格でイーサリアムに交換(償還)に応じると言う。ICONOMIは2018年9月に以下のように計画を発表していました;

「ICNトークンの資格を有す、すべての保有者はICNトークンをリヒテンシュタイン持株会社の株式に交換する権利が与えられます(仮)ICONOMI AGと呼ぶ。」

ICONOMI AG株式にトークンの交換を選択する所有者は、ICNトークンの現物をICONOMI AGに送金する。元ICN保有者は、ICONOMI AGの株主として確立される。1株当たりの価値は1 CHF(スイス・フラン)に設定され、ICN / CHF為替レートが決定されると、詳細と適用される法律の規定を考慮して、後日公表されます。

ICONOMIのプラットフォーム

ICONOMIのプラットフォームそのものは、多様な投資戦略や資産の暗号インデックスファンドを個人がセットアップできる、集中型ポータルのようです。エンドユーザーはファンドを購入して、成果に応じて利益や損失を受け取る恰好になります。

類似サービスに「Melonport」があります。これは同じことをイーサリアムのスマートコントラクトを通じて分散型の方法で行います。ICONOMIは、プラットフォームにカストディ(保管)の側面があるかもしれません。

〇ICONOMIの暗号インデックス 出典:ICN

セキュリティ(証券)の位置づけ

「ICONOMI AGの株主になる資格を有し、申請する以前のICNトークン保有者は、ICONOMI AGの総会で議決権などのコーポレートガバナンスの権利が与えられ、年次報告書の承認を得て投票できます。その他、取締役会の構成員の選出と退任、法令の改正、会社の解散と清算などが含まれます。」とICONOMIは述べている。

しかし、eICNが主要取引所で取引できるかどうかは不明です。株式は紙面で発行され、通常は多数の所有ルールが存在します。発行者は不正行為を防ぐために登記を保持する必要があります。

トークンの場合、所有権はそれ自身で所有権を証明することができ、そのような登記は不要になりますが、法律が追い付いていません。

しかし、リヒテンシュタインはこの業界に非常に友好的であり、デジタル時代のための現代的なバランスのとれた規則を考案する可能性があります。

ICONOMIは、プラットフォームを通じて市場のセキュリティトークンへの投資を提供できるよう、リヒテンシュタイン銀行法に従って「MIFID II(みふぃっどつー)*」ライセンスを申請する可能性があると述べています。

*第2次金融商品市場指令(MIFID II)は、EU(欧州連合)加盟国の金融市場を調和する為に制定された法令です。アルゴリズム取引など市場環境を取り巻く変化への対応や、デリバティブ取引に関するルール導入、株式以外の金融商品への規制適用など投資家保護の強化と市場の透明性向上を図るために策定された(野村証券より)。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る