COIN TOKYO

¥390,299
BTC -0.10%
¥10,192
ETH +0.07%
¥34.50
XRP -0.14%
¥9,892
BCH -0.49%
  • 2018/11/25
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)は本日下落方向へ動き出す。今後更なる下落を起こす可能性はあるのか?11月25日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月20日に高値を形成してから揉み合い相場へ移行した仮想通貨リップル(XRP)は本日11月25日に下落チャートの形成を始めています。本日11月25日はリップルだけではなく多くの仮想通貨市場が下落相場を形成しているようです。リップルはこのまま更なる下落を起こしてしまうのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨リップル(XRP)は一時下落相場へ切り替える動きみられる

XRP/BTCの日足チャートをみていきます。11月20日に0.000105BTC台まで高値を伸ばしたXRPはそれまでの上昇を一時止め、レンジ相場へ移行しました。レンジ相場の中、XRPのストキャスティクスをみた場合、80%を大きく超える位置まで上昇後、遂にベクトルを下方へ向けだします。ストキャスティクスからも調整と判断できる状況にまで切り替わったXRP、過去のXRPチャートをみた場合、ストキャスティクスにて80%お大きく上回り、その後80%を下回ったタイミングでは下落相場が形成されることが多く存在していました。

今回も過去のチャート同様に下落相場を形成しているようです。過去のチャートに似た動きを今後もみせるとなるとXRPはもうしばらく下落相場を形成する可能性が高まることになります。

XRP/BTCの2時間足チャートをみていきます。本日11月25日に下落相場を形成したXRP、一段回下落後、反発の値動きも確認できますが、これまでのサポートラインがレジスタンスラインへ切り替わった値動きも確認できます。そのためXRPはこれまでのレンジ相場から新しい相場へ移ったということが判断できます。

本日11月25日のXRPは0.000088BTC台まで下値をつけた後に、下値を切り上げている動きが確認できます。しかしレジスタンスラインの機能も強く、ローソク足には上ヒゲを伴ったローソク足が複数形成されています。今後は直近安値である0.000088BTC台で下支持が機能するかという点に注目しましょう。更に0.000088BTC台を割ってしまった場合、次に意識される価格帯は0.0000874BTC台という事になります。

11月14日以降、上昇チャートを形成していたXRP、そのファンダメンタル要因として、ビットコイン(BTC)から資金が流入した可能性が高いとされています。しかし本日11月25日にはXRPと同様にBTCや他の仮想通貨市場も下落相場を形成しています。長く続く下落相場が仮想通貨市場全体を悲観的に動かしている可能性は十分にあるでしょう。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る