COIN TOKYO

  • 2018/11/27
  • 2018/11/27
  • コイン東京編集部 新崎優太

リップル(XRP)が英国のVertpig交換所と、トークンペイの分散型取引所eFINに上場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国の暗号通貨エクスチェンジVertpigは、リップル(XRP)のサポートする事を発表しました。Vertpigを利用する英国居住者は、ファスター・ペイメントサービスを介して英国ポンド(GBP)とユーロ(EUR)を入金して暗号通貨を売買できます。

英国のアルトコイン交換所

Vertpigは26日、XRPを含む以下のコインを追加して、数週間以内にフィアット(法定通貨)及び他の暗号通貨と取引できるようになります;
モネロ(XMR)ジーキャッシュ(ZEC)イーサリアム(ETH )、イーサリアムクラシック(ETC)

Vertpigは今年2月末に設立された、バートコイン(VTC)を基軸通貨とする暗号通貨エクスチェンジです。注文板は無く、シェイプシフトや、コインチェックの販売所のように、即座に暗号通貨を売買できます。バートコイン(VTC)だけでなく、サポートしているすべてのコインを組み合わせて交換できるサービスだ。アルトコイントレーダーはビットコインを購入する必要がなく、率直で容易に取引できるため重宝されています。

トークンペイの分散型取引所eFINにリップル(XRP)が上場へ

分散型暗号通貨取引所(DEX)のeFINは、12月19日にオープンする事を発表しました。eFINは、独自の流動性システムを備えることで、分散型取引プラットフォームの取引量(流動性)の問題を当初から解決します。eFINはスタート時、ライトコイン(LTC)、ヴァ―ジ(XVG)、リップル(XRP)をサポートする事を明らかにしました。



eFINの取引プラットフォームは、Torセキュリティを備えた分散型トランザクション・プロトコルです。Torは、TCP/IPにおいて接続経路の匿名化を実現する規格で、eFINは完全に匿名のトランザクションを実現します。ユーザーは中央管理者に資産を預けることなく、取引所へのハッキングの問題を回避しながら、ウォレットからウォレットへの取引を利用できます。

eFINの開発は、分散型で自己検証可能な支払いプラットフォームプロジェクト「トークンペイ(TPAY)」とBlocksizeDevsによってサポートされています。TPAYをステーキングすることで無料でEFINコインを付与する仕組みを設けており、当初から流動性を実現します。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る