COIN TOKYO

¥390,299
BTC -0.10%
¥10,192
ETH +0.07%
¥34.50
XRP -0.14%
¥9,892
BCH -0.49%
  • 2018/12/02
  • コイン東京編集部

分散型ギャンブル・アプリ「EOSBet」が世界的なオンライン・ギャンブル規制機関Curaçao eGamingのライセンスを取得

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週、分散型ギャンブル・アプリケーション「EOSBet」は、世界的なオンライン・ギャンブル規制機関の1つ、Curaçao eGaming(キュラソー)の「オンラインギャンブル」ライセンスを取得したことを発表しました。

スマートカジノのスタンダードに

カリブに位置するCuraçao eGamingはオランダ領Curacao 島の司法省からマスターギャンブルライセンスを取得する4機関の1つ。マスターギャンブルライセンスは、他のギャンブルプラットフォームのサブライセンスを可能にします。

同社のブログによると、「オンラインギャンブル」ライセンスの取得はプロジェクトの透明性と信頼性を高めると述べています。また、会社は新しい銀行契約を確立でき、支払いソリューションやカード発行を備える他、ドメインの差し押さえや、プロジェクトが閉鎖される脅威がゼロになります。

「EOSBet」スマートカジノは、ダイス投げゲームやバカラゲームでプレイヤーがEOSを賭けるオンチェーンのギャンブル分散型アプリです。EOSのブロックチェーンの利点を活かして、プレイヤーは即座に取引でき、手数料や待ち時間をほとんどゼロで利用できます。このプラットフォームには、500万ドルを超える賭け金があり、EOSネットワーク上でトップクラスのdAppとなっている。

このdAppは、ネイティブの賭けトークンBETトークンを保持しているユーザーは、プラットフォームのゲーム利益の100%をEOSで報酬として受取る事ができます。そのためEOSBetは、これが最初のコミュニティ主導のカジノであると主張する。支払いは、各所有者のベットトークン数に応じて比例配分されます。10月16日、EOSBetは設立からわずか2か月で合計100万ドルをトークン保有者に支払ったと公表した。

EOSBetのマネージャFrejは、「私たちはこのライセンスを成功させるために絶え間なく働きました。今後もスマートカジノのスタンダードになるよう努力していきます。」と述べています。

このプラットフォームは、過去3ヶ月間ベータモードで稼働した後、チームを拡張するために、ライセンス取得に取組みました。Curaçao eGamingから付与されるライセンスは、プラットフォームにインタラクティブであらゆるギャンブルの操業を可能にします。これに伴い、プラットフォームは新しいゲームを発表し、ウェブサイトの完全な再設計が進行中です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る