COIN TOKYO

¥373,562
BTC +0.34%
¥9,906
ETH +0.03%
¥33.27
XRP +0.10%
¥8,881
BCH +2.76%
  • 2018/12/03
  • コイン東京編集部

ビットコイン・マイニングは他の大規模産業よりも環境に影響を与えない:CoinShares報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのマイニングにかかる電力量は、「ビットコイン消費量インデックス」によると、バングラデシュ全体のエネルギー消費量に相当する。しかし、デジタル資産管理会社のCoinShares(コインシェアーズ)の報告書「ビットコイン採掘ネットワーク」によれば、クリプト・マイナーが世界のエネルギーを浪費している、との認識は誇張されたものだという。

マイニングの77.6%が再生可能エネルギー

同社は、実際に大半のマイナーはグリーンエネルギーを利用していると主張している。報告書で、CoinShares社の共著者Christopher Bendiksen氏は、「暗号通貨マイニングの環境への影響を取り巻く報道が圧倒的にマイナスなため、我々はこれらの事実を強調し続ける。」と述べる。

「我々の見解では、暗号通貨マイニングはコストはかかるが、環境に関してはほとんど重要な害を及ぼさず、近い将来にも及ぼさないという見解です。控えめに見積もっても、ビットコイン・マイニングの77.6%が再生可能エネルギーを利用しており、世界の他の大規模な産業よりもグリーンだ。」

〇Bitcon採掘の地域・電力源内訳 出典:CoinShares

こうした試算の一部は中国四川省(Sichuan)に紐づいています。モルガン・スタンレーによると、中国南西部の州では全ビットコインの48%が採掘されていると推定されており、この地域の総電力の90%が再生可能エネルギーであると報告されています。

また、ビットコイン採掘が盛んな別のエリアである中国北部は低気温であり、チップへの損傷を及ぼす熱を抑える、冷却システムの必要性を緩和します。「こうした場所は(戦略的に)選択されたもの。」とCoinSharesは述べる。

さらに、中国以外の採掘鉱山は、米国の太平洋北西部やスカンジナビア諸国のような再生可能エネルギーシェアの高い地域に集中しています。同社は、ビットコイン・マイナーは再生可能エネルギーを地域平均と同程度使用していると考えられると述べる。

第三者機関からの独立性という価値

なお、他の組織はそれほど楽観的ではありません。「ビットコイン・マイニング・インデックス」の作成にDigiconomist社と協力した金融経済学者でブロックチェーンの専門家Alex de Vries氏は、作成したインデックスは「大雑把な計算」による、参考データだと留意した。

しかしながら、Alex氏の試算はCoinSharesのそれよりはるかに割高だ。11月30日現在、ビットコイン活動が世界の電力消費量の0.24%を占め、およそ500万の米国世帯に電力を供給できる規模だと算出しました。

〇Bitcoin Consumption Index 出典:Digiconomist

ブロックチェーンと暗号通貨の分析会社Diarの研究責任者Fadi Aboualfa氏は、ビットコイン当たりのコストにかかわらず、分散型技術がグローバルなエコシステムに提供する価値についても、着目すべきだと述べました;

「価値を伝えるシステムとしてのビットコインの第三機関からの独立性と、エネルギー使用の間には、哲学的な疑問があることを強調することが非常に重要だと思う。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る