COIN TOKYO

¥372,480
BTC +0.58%
¥9,900
ETH +0.90%
¥33.25
XRP +0.43%
¥8,641
BCH -2.03%
  • 2018/12/04
  • コイン東京編集部

イーサリアムクラシック(ETC)の開発企業の一つが操業停止を公表、市況悪化と資金難を背景に

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムクラシック(ETC)の開発会社の一つが当面の操業停止を発表しました。2年半稼働してきたETCDevは、暗号市況の悪化により、事業継続に必要な資金調達で苦境に陥った事を指摘しました。

保有する暗号資産の価値が下がった

3日、ETCDev社CEOのIgor Artmanov氏は、操業停止する旨とその理由をツイートしました。キャッシュが不足し、会社が保有する暗号資産の価値が下がったため、ETCDevは財務の健全さを失ったという。同社は、外部の投資家だけでなく、コミュニティのメンバーに対しても追加の資金調達に奔走したが、いずれも短期的なニーズを満たす程には至らなかった様だ。Artmanov氏は以下のように発表しています;

「我々はここ数週間で事業の資金調達に苦労している。これは部分的には市場の暴落によるもので、同社の資金ひっ迫と相まって発生しました。私たちは、エコシステムの投資家だけでなく、外部の投資家にも呼び掛けました。コミュニティ基金も行ったが、いずれも短期の資金調達に成功しなかった。」



「残念ながら、ETCDEVは現状では事業を継続できず、現行活動の停止を発表しなければなりません。」

2018年のイーサリアム・クラシック(ETC)

イーサリアム・クラシック(ETC)は今年6月にコインベースに上場して、価格が1ETC=16.5ドル(1848円)に高騰、時価総額は最大20億ドル(約2200億円)を付けました。しかし、他の多くの暗号通貨と同様に、ここ数ヶ月のETC価格は低調です。12月4日時点、その価値は1ETC=4.62ドル(526.22円)、時価総額4億9300万ドルで市場15位にランクしています。

ETTCevは、ETCを大量に保有していたため、会社の資産が大幅に減少しました。その結果、同社の「Emerald Wallet」の開発を維持する事が出来なくなっています。これまでETCDevが資金難に陥っているという噂はありましたが、ついに公然と認めた恰好です。

ETCDevのような状況に陥る企業は他にもあります。GPUチップメーカーのNvidiaも暗号事業の不調が報じられています。同社は昨年の上昇相場に大量のチップを生産しましたが、今年市場価格が下落して需要が激減、在庫がかなり残っています。

イーサリアム・クラシック(ETC)専門の開発企業が操業を停止したことは、エコシステムの成長にとって打撃となるかもしれません。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る