COIN TOKYO

¥372,480
BTC +0.58%
¥9,900
ETH +0.90%
¥33.25
XRP +0.43%
¥8,641
BCH -2.03%
  • 2018/12/05
  • コイン東京編集部

英国上場企業Paysafeの支払・送金サービスNetellerがリップル(XRP)をサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
4日、PayPalのような支払・送金サービスNeteller(ネテラー)は、リップル(XRP)をサポートしました。ユーザーは、XRPを購入・販売・送金できる様になりました。

Netellerと暗号資産

英国の当局に認可されたNetellerは、世界中で多くのユーザーにギャンブルサイトや他の資金送金ニーズに利用されてきました。100を超える預金提携サービスを誇り、VISAなどのクレジットや28種類のフィアット(法定通貨)の銀行口座など、ユーザーのあらゆる預金ニーズに対応しています。*日本人はNetellerを使ったオンラインカジノへの入出金はできません。

同社は今年10月に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインのサポートを開始しました。利用者は自分の好きな手段で、よりストレスフリーに暗号通貨を購入できるようになりました。

これにより、世界各地の利用者は、世界中の各所にお金をクリプトで移動しやすくなり、Netellerユーザーは、すぐにそれをフィアット(法定通貨)に変えることができるようになりました。

暗号通貨の統合により、ユーザーはフィアットを暗号通貨に変換し、暗号を誰にでも数秒で送ることができます。受信者は再度それをフィアットに変換すればよいため利便性が高まります。

Neteller社CEOのLorenzo Pellegrino氏は、フィアット(法定通貨)と暗号通貨間のギャップを効果的に埋める事を目指しています;

「暗号通貨が消費者の間で本当の牽引力を得るためには、暗号通貨と伝統的なマネーの点と点を効率的で使いやすい方法で接続する手段が必要です。当社はPaysafeにおいて、当社のデジタルウォレットやその他の支払いプロダクトを通じて、これを促進する素晴らしい立ち位置にあります。」

英国上場企業Paysafe

Netellerは、英国上場企業Paysafe(ペイセイフ:PAYS)傘下のグループ企業です。1996年に設立されたPaysafeは、世界12か国に3,000人以上の従業員を雇用しており、2017年に主にギャンブルサイトで年間80億ドルの取引量を処理した、大規模な支払いプロバイダーです。

Paysafeはクレジットカードの分野で2011年の早い段階で暗号スペースに参入。当時はビットコインを購入できる少数のツールの1つでした。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る