COIN TOKYO

¥1,167,424
BTC +1.06%
¥24,572
ETH -0.17%
¥33.90
XRP +0.01%
¥33,605
BCH +0.65%
  • 2018/12/13
  • 2018/12/13
  • コイン東京編集部

【今更聞けない】仮想通貨の始め方を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
少し前に比べて、仮想通貨の価格が少し落ち着いているのでこれから仮想通貨を始めようとしている人にとっては今がチャンスかもしれません。とはいえ周囲に詳しい人が少なく、誰にも相談できないという人も多いでしょう。そこで今回は今更聞けない、仮想通貨の始め方にについて詳しく説明します。初心者必見です!

1.仮想通貨とは?初心者向けおさらい

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネット上にしか存在しない、実体のない通貨のことです。国や銀行などの管理者がおらず、あらかじめ決められているプログラムに則って運営されています。仮想通貨の中でも最も有名なのがビットコインですが、ビットコイン以外にもイーサリアムやリップルなども人気があります。

1-1.仮想通貨は今から始めるのはあり?

仮想通貨全体の時価総額は2018年1月に8166億ドルにも上りましたが、現在はピーク時の時の約3分の1に減少しています。

減少の大きな理由は、2018年1月に仮想通貨大国であった中国が取引禁止、続いて韓国やインドでも規制を強化する発表がされたことやハッキングや不正出金による盗難などのネガティブな話題が続いていたことにあります。

しかし、今後はライトニングネットワークとも普及によって高速で低コストで送金が可能になることや、ビットコインETFにとる市場規模の拡大や新興国やイスラム圏での需要が増えることで仮想通貨市場が盛り上がるといわれています。


その他には仮想通貨を使ったゲームや仮想通貨決済が可能になる店舗の増加なども予測されるので今後の盛り上がりに期待できます。

2.仮想通貨の始め方を3ステップで紹介

それでは気になる仮想通貨取引の始め方を、初めての方にもわかりやすいよう3ステップに分けて解説していきます。

2-1.ステップ1:取引所に口座を開設する

仮想通貨取引を始めるには、まずは仮想通貨取引所に登録をして口座を開設する必要があります。取引所に登録するためには本人確認書類が必要になるのであらかじめ準備しておきましょう。

代表される本人確認書類以下の通りです。
顔写真付きの場合は、いずれか1点
・運転免許証
・住民基本台帳カード
・個人番号カード
・パスポート

顔写真なしの場合は、いずれか2点
・各種健康保険証
・住民票の写し
・住民票記載事項証明書
・印鑑登録証明書

次に、登録したい取引所のホームページに行き口座開設の申込をクリック、後は取引所ごとの説明に倣い登録作業を行いましょう。

登録した後、メールアドレスにお知らせが届き、2~3営業日ほど審査の時間があります。審査に通ると、郵送でロングパスワードが送られてくるのでログインすることができます。

2-2.ステップ2:日本円を入金

口座を開設しても、口座に入金しないと取引できません。入金方法は基本的にクイック入金と振込入金の2種類あります。取引所が指定する銀行から振り込むことができます。振り込む際には、振込依頼人と口座名義人を同じ人物の名義にしなければなりません。

取引所では入金者を素早く特定するため名前の後にお客様コードや生年月日などを入力するように指定することもあります。

・一般的な振込み入金の手順
(1)取引所のホームページからログインする
(2)入金先口座情報をクリック
(3)振込依頼人名を確認する
(4)表示された金融機関名や支店名、口座種類や口座番号、口座名義を確認する

以上の手続きが済んだら、次は銀行のサイトにログインして振込手続きを行います。

(1)銀行のホームページからログインする
(2)振込をクリック
(3)振込依頼人に名前とお客様コードや生年月日などの指定の数字を入力する
(4)新規振込をクリック
(5)振込先金融機関を選択する
(6)支店名、預金種目、口座番号、振込金額を確認してクリック
(7)パスワードを入力
(8)振込完了

15時までに着金できた場合は、当日の口座に反映できますが15時以降は翌日に反映されるので注意が必要です。

2-3.ステップ3:仮想通貨を買う

口座の開設、入金が終われば次はいよいよ仮想通貨の購入です。

また初めて購入する際の取引には、現物取引が安心だです。
自己資金と取引金額が同時の取引のことを言い、安く買って高く売る基本的な投資での稼ぎ方になります。

3.仮想通貨の買い方:ビットコインとアルトコイン

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨を購入する場合、購入方法はいくつかありますが一般的には取引所で購入します。

イーサリアムやリップルなどメジャーなアルトコインは多くの取引所でも購入できますが、マイナー通貨などでは取扱がないことが多いので確認が必要です。ビットコインはほぼ全ての取引所で購入することができます。

イーサリアム、リップルを扱う取引所の一例は以下の通りです。

・イーサリアム取扱取引所

・リップル取扱取引所

3-1.マイナーなアルトコインを買うには?

1000以上もあるといわれているアルトコインですが、日本国内で認可されているのはわずかの20通貨ほどになっています。アルトコインはビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨に比べてまだまだ暴騰の可能性があるため一攫千金などを狙いたい投資家に人気があります。

マイナーなアルトコインを購入したい人は海外取引所で取引することがおすすめです。
海外取引所は、日本のように規制があまりなく、取引所によっては100~500ほどのアルトコインを扱っている所もあります。

但し、海外取引所は日本語に対応していないことや日本円で入金できないケース、突然の閉鎖などのリスクがあるため選ぶ際には注意も必要です。

3-2.アルトコインは海外取引所が有利

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨は値動きが安定してきているので、当初あった急騰のチャンスを期待しにくい傾向があります。

そこでおススメなのがアルトコインの中でもマイナー通貨での取引です。日本国内の取引所で扱えるアルトコインはわずか20通貨ほどですが、海外取引所では500通貨もの取扱がある取引所があります。

1日で数十%も変動することも珍しくないため一攫千金を狙いたい人には海外取引所が向いています。

・海外取引所でのアルトコイン取引の大まかな流れ
(1)海外取引所の口座開設
(2)日本の取引所からビットコインを送金
(3)アルトコインを売買する
(4)利益が出たら日本の取引所に送金
(5)利益が出たら確定申告を行う

以上、5つの流れがあります。

海外取引所の口座には直接円での送金ができないことが大半なため、一旦国内取引所で円をビットコインなどのメジャー通貨に換金する必要があります。

利益が出たら、アルトコインを再びビットコインなどのメジャー通貨に換金して日本の取引所の口座に送金し、そのあと日本円に換金します。利益が出たら確定申告を行うための準備を開始します。

この記事の後半におすすめの海外取引所も記載しているので是非参考にしてみてください。

おすすめ海外取引所はこちら

4.国内・海外のおすすめ取引所

実際に仮想通貨取引を始めてみようと思っても、国内・海外含め数多くの取引所が存在している為、どこで登録をしたらいいか迷ってしまうこともあるかと思います。
ここでは取引を始めるうえでおすすめの取引所を登録手順も含めて解説していきます。

4-1.おすすめ取引所:国内編

・リキッド(Liquid by Quoine)

Quoine社が運営していたQuoinexとQRYPTOSという2つの取引所が統合されることによって誕生しました。

リキッドは日本人がCEOを務める取引所で現物取引とレバレッジ取引を行うことができます。個人のレバレッジは最大25倍、法人に至っては50倍もの取引ができるため、元手が少ない人でもハイリターンを得られるチャンスがあります。


口座開設や口座維持管理費、取引手数料などは無料になっていて低コストで取引できます。取扱通貨もビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、キャッシュと有名な通貨になっているため初心者でも気軽に始めることができます。

登録も簡単で、まずリキッドのホームページにいき画面右側のハンバーガーアイコンをクリックします。表示されたメニューからプロフィール&口座開設をクリックします。

次に「口座審査状況の口座認証をするには」をクリックし、本人確認書類をアップロードし、プライバシーポリシーに関しての確認にチェックを入れます。

口座の審査が完了したらメールと審査完了通知はがきが送付されます。はがきを受取った後、リキッドからのアカウント承認メールが受信されたら取引開始が可能です。

「登録手順」
1.ホームページ上の新規登録をクリック
2.住居地の選択
3.メールアドレスの登録とパスワードの設定
4.個人情報の記載
5.投資情報や投資経験を選択
6.内容の確認
7.本人確認書類のアップロード
8.審査の結果が郵送される
9.ハガキを受取り後、アカウント承認メールを受信したら取引開始です。

「日本円の入金方法」
ログインした後に「入金申請」をクリックします。日本円の入金金額と銀行名を入力して申請ボタンをクリックすると入金申請が完了します。その際に、「入金ID」が作成されます。

続いて銀行で入金手続きを行うため「振込先を確認する」をクリック。振込先の詳細が表示されて確認ボタンを押して完了です。1営業日ほどで入金処理が完了します。
※確認ボタンを押す前に、振込名義の前に「入金ID」を記載することで大幅に入金の時間が早くなります。



・ビットバンクトレード(bitbankTrade)

ビットバンクとは、東京に本社を置く取引所になります。ビットコインセキュリティ専門企業BitGoと提携して最先端のセキュリティ技術で顧客の資産を守り、マルチシグ対応で内部不正やハッキングを防止しています。

ビットバンクで特に評価が高いのがチャートツールで、100以上のテクニカル分析が使えるTradingViewを採用しているため世界の専業トレーダと遜色ない取引を行うことができます。

またシステムは軽くて動作もサクサク動くためストレスを感じません。ビットコインやライトコイン、リップル、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュなどが取引可能です。


「登録手順」
1.ビットバンクのホームページの右上にある無料口座開設をクリック
2.メールアドレスを登録
3.新規登録をクリック
4.登録したアドレスにお知らせが届く。お知らせの中に記載されたURLをクリックしてパスワードを登録する
5.基本情報を記載し取引の目的などをチェックする
6.全て選択したら確認ボタンをクリックする
7.本人確認書類のアップロード
8.登録完了

「日本円の入金方法」
取引画面の「入金する」をクリックした後、一覧ページから日本円の入金金額を記入し「入金」をクリックします。次の画面で入金番号と振込依頼人が記載されているので確認する。

銀行にて、振込み名義と振込依頼人を同一にして送金する。振込名義人の前に入金番号を記載すると即時反映ができます。



・GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループのグループ会社です。金融庁登録の業者として認定受けているので安心です。GMOコインでは、販売所・仮想通貨FX・取引所の3つの取引を行うことができます。

仮想通貨FXではビットコイン以外のアルトコインでのレバレッジ取引も可能です。リアルタイムで行えるクイック入金な入出金にかかる手数料も無料で口座開設手数料や仮想通貨送付手数料なども無料です。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」の画面が非常に見やすく9種類のテクニカル指標が利用できるので外出先でも投資のチャンスを逃しません。



「登録手順」
1.GMOコインのホームページの画面右上にある「口座開設」をクリックします。
2.メールアドレスを登録
3.本人情報の登録/本人確認書類の提出
4.審査
5.郵送にて口座開設のお知らせが届く
6.ホームページにログインして口座開設コードを入力
7.口座開設完了

「日本円入金方法」
GMOコインでは振込入金と即時入金の2種類あります。
振込入金の方法は、ログインした後に左にあるメニューバーの「入出金」をクリック。日本円を選択し、即時入金か振込入金かを選びます。

即時入金では、ログイン後に入出金の日本円をクリックします。
入金金額を記入して「入金開始」を押します。支払金額と支払方法を確認し、名前や電話番号に誤りが無ければ入金手続きを行います。

金融機関を選択して「進む」をクリックし金融機関で振込手続きを行います。GMOの口座に金額が反映されていれば完了です。



・DMMビットコイン

DMMビットコインはビットコインを含めて7種類の通貨、取引ペア数は14種類になっています。法定通貨は円のみの取扱です。現物取引とレバレッジ取引可能、レバレッジは最大5倍までで両建て取引も可能です。

取引手数料は無料で、レバレッジ取引に関しては建て玉金額の0.04%/日の手数料がかかりますが円での入出金の手数料は無料、仮想通貨の入出金時の手数料も無料になっています。

DMMビットコインは取引ツールに定評があります。特に、パソコンでのトレードでは1画面で注文画面やチャート、口座情報などが見られるため便利です。スマートフォンでもパソコンと遜色なくトレードでき、ワンタッチ発注も可能です。


「登録手順」
1.メールアドレスの登録
2.基本情報の入力と本人確認書類の提出
3.審査
4.郵便物送付
5.ログインし郵便物に記載してある認証コードを入力する

「日本円での入金」
DMMビットコインでは、振込とクイック入金の2種類あります。
銀行振込の場合はアカウントにログイン後、左側にあるメニューから日本円入金(銀行振込)を選択します。入金金額や銀行など振込み先情報を確認して振り込みます。

入金完了メールが届き、記載してあるURLをクリックしマイページで入金額を確認する。確認が取れたら完了です。

4-2.おすすめ取引所:海外編

・バイナンス(BINANCE)

2017年に香港で設立された取引所で、設立開始からわずか半年で取引高が世界1になった人気の取引所になります。

現在の本拠地はマルタ島になっています。日本語に対応していないため日本人投資家には敷居が高く感じるかもしれませんが、独自トークン「BNB」を利用すると取引手数料が通常の0.1%の半額の0.05%と破格の安さになります。

取扱通貨数はビットコインを始め、マイナーなアルトコインまで約120種類と豊富で、口座開設には本人確認が必要とないことから手軽に登録することができます。

バイナンスの最大のメリットは他の海外取引所に比べて格安な手数料やアプリもアンドロイドやiOSに対応しているため外出先でも手軽にトレードできることです。

システム処理も高速で毎秒140万注文にも対応しているため取引の際のストレスがありません。流動性も高く売買注文の約定もスムーズなのも魅力です。

5.仮想通貨FXとは?おすすめ取引所も併せて解説

仮想通貨取引では、現物取引以外にレバレッジをかけて取引を行う「仮想通貨FX取引」があります。仮想通貨FXでは変動率が大きいためハイリターンが狙えると人気があります。そこで仮想通貨FX取引におすすめの取引所をご紹介します。



・リキッド(Liquid by Quoine)

リキッドでは、レバレッジを2倍、4倍、5倍、25倍と4種類から選ぶことができます。取引手数料は無料ですが、建て玉を保有すると1日当たり0.025%のポジション管理料がかかります。

リキッドは顧客の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理していて、マルチシグに対応した徹底したセキュリティ対策を取っています。


更に国内外のメイヤーが多数参加し、15社以上の海外取引所に接続しているためスプレッドが狭く設定されています。通貨ペアも国内取引所では多い52通貨ペアの取引も可能です。ロスカット率は110%、アラート率も120%と比較的高めに設定されているのもリキッドの特徴です。



・ビットバンクトレード(bitbankTrade)

ビットバンクの仮想通貨FXは最大レバレッジが20倍、24時間365日取引可能な国内取引所です。ロング取引とショート取引のどちらも可能なため相場の環境に左右されずに利益を上げられます。

手数料は新規で0.01%、それ以外は枚数×約定価格×手数料率になっています。ロスカットは維持率が20%を下回った場合になります。ビットバンクの最大のメリットは個人トレーダーでも20倍ものハイレバレッジをかけられることと、国内では唯一の追証が無いことになります。

追証によって、一晩に数百万円から数千万円ものマイナスを出してしまうこともあるためトレーダーにとって安心してポジションを保有できる取引所と言えます。
登録も最短で2分ほどで完了し、メールアドレスやSMS承認のみで口座開設ができるため便利です。

セキュリティーに対する意識も高く、顧客のビットコインはコールドウォレットで管理し、会社と顧客の資産を完全に分別資産管理しています。
更に最新のマルチシグ技術で内部の人間による盗難や不正出金等を防止します。


ハイレバレッジで取引ができ、追証やハッキングや不正出金などの心配がないので大きい金額で取引する場合でも安心できる取引所だと言えます。通貨ペアはビットコイン・ドルペアになります。



・ビットメックス(BitMEX)

ビットメックスは金融、WEB開発、高頻度アルゴリズム取引分野など各分野のスペシャリストによって創業された取引所になります。ビットメックスの最大の特徴はビットコイン取引で100倍ものハイレバレッジの取引ができることです。

つまり1BTCを証拠金に預けると100BTCもの取引ができます。取引手数料も他の取引所に比べて安く設定されています。


従来の先物取引

通常の取引ではメイカー(指値注文)を行う場合は取引手数料を払うのではなく、何ともらえることになります。テイカー(成行注文)の場合は手数料を支払うことになります。

但し、無期限契約を行うと8時間ごとに買ポジションを保有していると手数料を支払い、売りポジションを保有していると手数料がもらえる仕組みになっています。


無期限契約

ビットメックスはビットコイン以外のアルトコインでもハイレバレッジで取引を行えますのでハイリターンを狙いたいトレーダーにおすすめの取引所になります。

6.まとめ

仮想通貨を始めるには、まずは取引所や販売所などに登録し口座を開設する必要があります。口座開設は遅くとも1週間ほどで完了します。

取引になれていない人は日本語でサポートが受けられる国内取引所がおすすめです。慣れてきた人やアルトコイン取引、仮想通貨FXをしたい人は海外取引所で口座を開設するのも良いでしょう。海外取引所を利用する場合は、信頼できる会社かどうかを確認することも大切です。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る