COIN TOKYO

¥394,899
BTC +0.15%
¥13,216
ETH +0.24%
¥35.59
XRP +0.36%
¥13,927
BCH -0.09%
  • 2018/12/15
  • コイン東京編集部

イオングループのミニストップが仮想電力融通取引の実証事業に参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
13日、イオングループのミニストップ(千葉県千葉市)は災害時の電力融通も視野に、デジタルグリッド株式会社が環境省より受諾した、ブロックチェーン技術を活用する再生可能エネルギー導入を促進する実証事業に2019年4月より参加することを発表しました。

ブロックチェーンを活用した実証事業

この事業は、電線と切り離された地域を作ることにより再生可能エネルギーの発電を最大限生かすことを目的としています。
同時にエネルギーの有効活用による低炭素化を図ると共に災害時の電力の自立運営を目指す。また、ブロックチェーンを用いた電力融通決済システム上にて仮想的な電力の取引を行います。

今回は受諾したデジタルグリッド株式会社の他に、イオングループでファシリティマネジメント事業を展開するイオンディライトが事業を実施。
期間は2019年4月から2020年3月までで、埼玉県にあるイオンモール浦和美園店やミニストップ5店舗が参加するそうです。

ミニストップは、この実証事業への参加に先駆け、小売業としては初めて電力融通を行うデジタルグリッドコントローラー(DGC)を設置。
DGCは店舗で使用される電力量を計測すると同時に、需要電力量の予測を行う機能を備えています。

今回の実証事業も含め、ミニストップはイオンの一員として「イオン脱炭素ビジョン2050」の実現に向けた取り組みを実施していきます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る