COIN TOKYO

¥395,759
BTC +0.29%
¥13,274
ETH +0.48%
¥35.64
XRP +0.34%
¥13,957
BCH +0.06%
  • 2018/12/26
  • コイン東京編集部

フィリピン最大級の送金会社セブアナ・ルリエが米Ripple(リップル)社の「xCurrent」を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピンの最大級のノンバンク系金融サービスプロバイダCebuana Lhuillier(セブアナ・ルリエ)社が、米Ripple社の国際送金ソリューション「xCurrent」を導入するという。21日、トゥデイズ・ガジェットが報じました。

セブアナ・ルリエについて

セブアナの親会社であるP.J. Lhuillier社は、BtoBのマイクロローンや、レストラン経営、ITなど多様な事業を展開するコングロマリットで、フィリピン全土に約2,500の支店を有し、200以上の国際パートナーを誇る。

グループにおいて、セブアナ・ルリエ社は、“送金・少額ローン、入質”サービスを提供する、PJ Lhuillierグループの代表的なブランドです。同社のモバイルアプリでは、鑑定計算、更新/償還、料金照会、送金追跡などを行えます。以下はセブアナ社のイメージ動画です。

フィリピン市場のRipple技術の進出

セブアナ社はリアルタイム送金サービスに、Ripple社のブロックチェーン技術を採用します。xCurrentの導入により、エンドツーエンドの追跡とコミュニケーションを使用して、シームレスかつ即時にクロスボーダーペイメントを実行できます。

Rippleと提携したセブアナ・ルリエは、マイクロファイナンス・サービス産業で、そのサービスにブロックチェーン技術を使用した最初の企業となります。

セブアナ・ルリエのCEO、Jean Henri Lhuillier氏は以下のように述べています;

「xCurrentの導入により、クライアントへのサービス提供の効率性が向上するだろう。この採用は、この業界でクラス最高評価を得る品質を裏付け、当社のさらなる革新と進化への取り組みを強調します。」

最近、Ripple社は2018年の総括レポートを発表。同社は、採用や規制の枠組みにフォーカスしており、特にASEAN地域が、仮想通貨とブロックチェーン技術に対する規制が明確であるため、一歩進んでいると考えています。

今年8月に、フィリピンのモバイル決済プラットフォーム「coins.ph」はリップル(XRP)の統合を発表しました。フィリピン・ペソ(PHP)を仮想通貨に交換できるモバイルウォレットでもある「coins.ph」を利用するフィリピンの500万人のユーザーは、リップル(XRP)で決済できるようになりました。ユーザーは、国際送金、請求書決済、交通ICカードの購入などをアプリ上で行うことができます。

11月にRipple社は、新コンセプト「xCurrent 4.0」を発表しており、既存顧客に対しリップル(XRP)対応の「xRapid」への移行を促進しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る