COIN TOKYO

¥396,368
BTC +0.34%
¥13,327
ETH +0.70%
¥35.77
XRP +0.51%
¥14,017
BCH +0.46%
  • 2018/12/27
  • コイン東京編集部

一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)と一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)が相互連携協定を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
27日、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会(会長:奥山泰全、(株)マネーパートナーズ 代表取締役社長、以下JCBA)と、一般社団法人ブロックチェーン推進協会(代表理事:平野洋一郎、アステリア(株) 代表取締役社長、以下 BCCC)が、仮想通貨・ブロックチェーンに関する相互の知見を活かし、業界及び社会全体に対する啓発活動を推進する為の連携体制を構築する協定を締結したことを発表しました。

連携の背景

2016年4月に発足した両協会は、設立趣旨は異なるものの「業界の健全な育成を目指す」というビジョンは共通することから、当初より積極的な情報交換を行ってきました。
両協会は2018年に起こった仮想通貨流出や価格の下落などの要因で社会的関心が一定程度下がったものの、将来に向けての重要性までが損なわれたわけではないとし、2018年における各種制度の充実や関係企業での体制構築を踏まえ、2019年以降は国内外の仮想通貨・ブロックチェーン技術も利用や実装が進展すると予想しています。

そこで、仮想通貨・ブロックチェーン技術の利用と技術両面からの活動強化や知見共有を行うことで、社会全体に対する啓発活動をより大きなスケールで展開し、健全な業界育成に寄与していく為、今回の連携に至ったとしています。

具体的な連携内容

今回の連携に関する具体的な内容として以下の4点を挙げました。

・両協会が運営する部会への相互参加・交流(当初以下の部会からスタート)

JCBA:システム部会、セキュリティ部会

BCCC:金融部会、リスク管理部会

・広報部会における連携(広報活動や各種プレス対応での相互連携や知見共有)

・両協会が運営する部会の講師に相互のメンバーを派遣し合うことによる知見共有

・社会全体の啓発に繋がる大規模イベントの共催(2019年内に実施を検討)

また、今後について両協会は、幅広い業界の企業に対して正確な情報発信を行っていくことに加え、社会全体への啓発活動にも着手し、こうした活動を通じて、両協会の加盟企業を、2020年3月末には合計500社を越える規模へ拡大することを目標に掲げています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る