COIN TOKYO

¥449,945
BTC +0.31%
¥15,591
ETH +0.52%
¥35.29
XRP +0.23%
¥17,960
BCH +0.72%
  • 2018/12/30
  • コイン東京編集部

投資サービスeToro、ハードフォーク時にビットコインキャッシュを所有していた顧客に「BCH×92ドル」の現金を提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月27日、米国を本拠とする投資プラットフォームeToroは、11月15日のハードフォーク時にビットコインキャッシュ(BCH)を所有していた顧客に、フォークコインBSVの価値に相当する現金を提供する事を発表しました。プラットフォームは、「フォークをサポートする義務はない」にもかかわらず、この対応を決定したと述べています。

フォーク時のBCH所有数×92ドル

eToroは、世界140か国で1000万人の登録ユーザーを持つソーシャルトレーディング/投資プラットフォームだ。同社は、ビットコインキャッシュ(BCH)のホルダーに対して、11月のフォーク時の所有量に相当する現金の補償を発表しました。これは、ビットコイン・サトシビジョン(BSV)を付与する代わりの対応策となる。

11月15日にBCHを保持していたeToroのクライアントは、アカウントにクレジットを受け取る予定です;

「当社は、フォーク時に保有していたBCHの枚数と、92ドル(約10304円)の価格を掛けた金額で、関連ユーザーの口座に、BSVコインの補償をクレディットしているところです。」

eToroのシニアマーケットアナリスト、マチ・グリーンスパン氏は次のように語っています。

「顧客のコインを保持するカストディアンとして、これが最善の方法だと感じました。理想としては、BSV自体を付与したい。しかし、BSVはまだプラットフォームに追加できていないため、その対応は非常に困難です。」

マチ氏はeToroのプラットフォームにBSVを追加する可能性について、「プラットフォームに新しい資産を追加することに関して、多くの技術的評価軸を持っています。」と述べた。

同氏はこの発表後にユーザーから「非常にポジティブ」な回答を得たと付け加えています。「補償を出すという判断は後になって決まった。この休日に素晴らしいサプライズであろうと考えた。」

11月15日のBCHネットワークのハードフォークを経て、ブロックチェーンは従来のビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン・サトシビジョン(BSV)の2つに分割されました。コインマーケットキャップによると、前者は1BCH=19083円前日比14.39%増、時価総額3346億円で市場4位にランクしています。後者は1BCV=10291円同9.13%増、時価総額1804億円で市場9位にランクしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る