COIN TOKYO

¥394,899
BTC +0.15%
¥13,216
ETH +0.24%
¥35.59
XRP +0.36%
¥13,927
BCH -0.09%
  • 2019/01/01
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)を推す2つの機関が、主流の受入れと送金の実用性を高評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資会社ウェルスチェインキャピタルのCEOフィリップ・ナン氏によると、XRPはメインストリームの受入れが促進されているため、中央集権の問題でもビットコインよりも優れた投資だという。また、格付機関ワイスレーティングスも、世界中の支払いを円滑にするXRPの役割を認めています。ワイスは、XRPは支払いの点で他の通貨よりも「競争上の優位性」があると述べました。

メインストリームの受入れが進むXRPは中央集権の問題を和らげる


XRPの中央集権性について多くの議論がありますが、フィリップ・ナン氏によれば、XRPはメインストリームで採用されているため、ビットコインよりも優れた投資対象だという。同氏は、ビットコインの供給とマイニングの大部分が総じて一つの国で管理されており、中央集権性を見ることができます。

フィリップ氏は、ビットコインマイニングが集中管理されていると述べる。ビットコインマイニングの80%は6つのマイニングプールによって運営され、そのうち5つは中国にある個人または組織によって管理されています。

彼によると、ビットコインマイニングの集中化は、XRPの大半を手にしている少数のホルダーと同様です。しかし、XRPがビットコインよりも優れている点は、メインストリームの受け入れであり、ビットコインではまだ実現してしない、さまざまな送金会社で導入され始めています。

XRPはペイメントの点で競争優位性が高いーワイスレーティングス


金融機関の財務分析における世界的なリサーチ機関ワイスレーティングスは、世界中の支払いを円滑にするXRPの役割を認めています。公式ツイッターでワイスは、XRPの数秒の決済を可能にする合意形成メカニズムが、個人と機関投資家にとって、支払いの点で他の通貨よりも「競争上の優位性」があると述べました。

〇出典:bithomp.com

12月27日、9000万枚の大量のXRPが単一のトランザクションで動かされました。移動した先のアドレスはUnknown(不明)で、取引所やRipple Inc.に関係していないと見られています。さらに2つ、別々のクジラから3000万XRPと5100万XRPが移動しました。後者はBitstampのウォレットかUnknownへの送金です。これらは、クジラ達が実際の取引に資産を使用している可能性も示しています。

最近、Ripple社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、シンガポールのフィンテック・フェスティバルで、「XRPはビットコインよりも1,000倍高速で安価である」と強調しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る