COIN TOKYO

¥390,667
BTC +0.09%
¥12,841
ETH +0.06%
¥34.74
XRP +0.03%
¥13,423
BCH +0.69%
  • 2019/01/03
  • コイン東京編集部

人気ゲームFortniteのオンラインストアがモネロに独占対応|ギリシャの不動産、デンマークの外食フードがBTC支払いを受け入れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ギリシャの不動産所有者は、9000平方メートルのリゾート地を180,000ユーロ(2235万円)で売りに出しており、支払い手段に仮想通貨を取り入れています。

ギリシャ、デンマークのビットコイン支払い

「Bitcoin Real Estate」によると、土地はリムノス島の旧自治体であるマウドロス町から約1km離れた場所にあります。写真を見ると、町とエーゲ海のパノラマの景色を一望できる高台です。

不動産は、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、ジーキャッシュ(ZEC)、およびイーサリアム(ETH)の支払いを受け付けます。現在、Bitcoin Real Estateでは、他にも多くの不動産が販売されており、ほとんどはビットコインとイーサリアムの支払いを受け入れています。

例えばメキシコの豪華ペントハウスが775,000ドル(約8500万円)で販売されており、ビットコインとイーサリアムの支払いに対応します。

デジタル通貨の価格が急激に下落した2018年の弱気市場にもかかわらず、仮想通貨の支払いを受け付ける加盟店が増えています。デンマークではビットコイン(BTC)を受け入れる1500店舗のレストランがあります。

デンマークの外食ポータル「Hungry.dk」は、そのプラットフォームに登録した1,500以上のピザやハンバーガーなどデリバリーフードの支払いに、2014年以来ビットコイン支払いを受け入れています。実際には、2017年末に取引処理時間が遅延したために一時的に廃止されました。しかし、Hungry.dkの代表によると、BTCトランザクションがより高速になり、費用対効果も向上したため、再び暗号支払いを受け入れ始めています。

1億2500万人がプレイするFortniteのコマースサイトがモネロを受け入れ

著名なオンラインビデオゲームFortniteの開発会社Epic Gamesは、仮想通貨の支払いを受け入れる商品ストア「Retail Row」を最近立ち上げました。その対象は、匿名通貨モネロ(XMR)のみです。

100人のバトルロイヤルが人気沸騰のFortniteは社会現象とも称されている世界的なゲームです。1年弱で1億2500万人以上のプレイヤーを集め、毎月数億ドルの収益をあげています。対応端末は、プレイステーション4、Xbox、任天堂からオンライン、モバイル端末まで網羅している。

FortniteのオンラインショップRetail Rowは、1億2500万人を超えるファンがこのゲームに関連するTシャツなどのアイテムを購入できます。利用可能な支払い方法は、主要なクレジットカード、PayPal、Google Pay、そしてモネロです。


仮想通貨の支払いは、サービスプロバイダーGloBeeに処理されます。GloBee自体は顧客に合わせてビットコイン、ライトコイン、XRP、イーサリアム、ドージコイン、モネロなどの支払いに対応している。

モネロのリード開発者Riccardo Spagni氏によると、Fortniteの商品ストアがビットコイン(BTC)を受け入れていない理由について、「プライバシーの欠如」が原因だと述べた。ただしEpic Games社は、“いくらか匿名性がある“事を理由に、ライトニングネットワークには興味を持っている様だと付け加えました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る