COIN TOKYO

¥451,372
BTC -0.11%
¥15,606
ETH -0.10%
¥35.48
XRP +0.10%
¥17,979
BCH -0.18%
  • 2019/01/03
  • コイン東京編集部

ニューヨーク州が「クリプト・タスクフォース」を設置、仮想通貨の使用とBitLicenseの補完システムを模索

このエントリーをはてなブックマークに追加
2日、米国ニューヨーク州のクライド・ベネル議員は、ニューヨーク州のための「デジタル通貨タスクフォース」を設立する法案「THE DIGITAL CURRENCY STUDY BILL,」に、アンドリュー・クオモ州知事が先月署名したと述べた。べネル氏はフェイスブックで以下のように述べています。

「ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどの仮想通貨は、強力な暗号学を使用してトランザクションを保護する交換媒体として機能するように設計されたデジタル資産です。...私達はまた適切なフィンテック規制を導きます。専門家のタスクフォースは、堅実なブロックチェーン業界と仮想通貨の経済環境のバランスを取りつつ、同時にニューヨークの投資家と消費者を保護するのに役立ちます。」

ビットライセンス(BitLicense)について

2015年に、クオモ州知事の下、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、取引所の重大な侵害(2013年Mt.Gox)に対応して、仮想通貨取引からニューヨーカーを保護するためにビットライセンス(BitLicense)を公布しました。

NYDFSは、ニューヨークで事業を行うすべての銀行、保険会社、信用組合、小切手換金サービス、およびその他の金融機関を監督しています。

BitLicenseは、ニューヨーク州の州政府が仮想通貨業界の一連の規制に付けた名前です。この規制は、「仮想通貨」の事業活動に従事している企業に適用されます。

すべての州で同様の組織がありますが、ニューヨークは特別です。米国で4番目に大きい州であり、金融界の中心であるニューヨーク州政府が課す規制は、国内および国際的な政策に広範囲に影響を及ぼしています。現在、ライセンス取得企業には、パクソス、ジェミナイ、サークル、コインベース、リップル(XRPⅡ)、ビットフライヤーなどがあります。

BitLicenseが批判される点に、膨大な費用がある。暗号企業の大半はスタートアップであるにもかかわらず、当局は投資銀行と同様に十分な資金と規制の問題に精通していることを期待する。申請には、5000ドルの手数料に加えて、外部監査を雇う必要がある。Bitstampは10万ドルを支払い、シティと契約したが、申請プロセスは横着していると報じられました。

さらに、会社の戦略の変更、新製品の提供、既存のサービスへの調整は、DFSの事前承認を得る必要があり、審査はスロウ。そのため、クラーケンやシェイプシフト、Bitfinexなどはライセンス施行前にNYを離れていました。

2019年、デジタル通貨タスクフォース新設

タスクフォースは、技術者、消費者、企業、投資家を含む9人のメンバーで構成されます。法案によると、タスクフォースは州知事と議会に「仮想通貨や他の形のデジタル通貨の使用の影響に関する情報と、州の補完システム」を提供する。部会の最初の任務は、2020年12月15日までに、以下の情報を含むレポートを提出することです。

・ニューヨークのブロックチェーン産業のレビュー
・現在取引されている仮想通貨の数とその市場シェア
・ニューヨーク州で営業している仮想通貨取引所の数とその月平均取引量
・仮想通貨の大口投資家である投資会社の種類
・暗号マイニングオペレーションのエネルギー消費量
・暗号業界における潜在的な市場操作およびその他の違法行為
・立法上および規制上の推奨事項


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る