COIN TOKYO

¥1,168,922
BTC -0.08%
¥32,928
ETH -0.84%
¥49.40
XRP -0.52%
¥50,422
BCH -0.20%
  • 2019/01/03
  • 2019/01/03
  • コイン東京編集部

「ビットコインはプライベートな形の電子マネーとして、社会のベストホープ」BitMEX社CEOアーサー・ヘイズ氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月3日のブログで、仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのCEOアーサー・ヘイズ氏は、ビットコインがプライベートな形のお金として、社会のベスト・ホープだと述べました。ヘイズ氏は、中央管理された電子マネーが将来直面するであろう懸念を指摘して、ビットコインがベストなソリューションであると主張しました。

2種類の近い未来のお金

「両サイドのコイン:二分された近い将来のお金」と題した記事で、ヘイズ氏は中央管理された企業の電子マネーを、「既存の中央銀行システムと、私たちの民営化された経済の統合」と表現しました。

ヘイズ氏は、中国で最も革新的な支払いプラットフォームの1つ「ウィチャットペイ(WeChat Pay)」を例示しました。WeChatPayのユーザーは、自分の銀行口座に連結されたモバイルアプリで、シームレスに加盟店に支払うことができます。

ヘイズ氏は、このような支払いプラットフォームは従来のフィアットの支払いを徐々に混乱(Disruption)させているが、将来的にプライバシーが問題になると考えている;

「世界の様々な地域の主要企業によって、多様なモバイルペイメントシステムが現在提供されています。ある場合には、彼らは顧客についてほとんどすべてを知っています。ユーザーが購入する商品やサービス、そしてそれらをどこでいつ購入するか。おそらく彼らが持つ、各ユーザーの他のすべてのデータにリンクされます。」

ヘイズ氏はさらに、こうした民間企業が顧客情報にアクセスしていることを強調した。そしてこれは政府機関にとっても同様に容易にアクセスできるため、顧客のプライバシーを侵害でき得ると指摘しました。

「同時に私たちは、個人情報を受け渡すよう企業に働きかける、西側の政府を見てきました。当然のことながら、企業はこれらの要求に従う傾向があります。」

ソリューションとなるビットコインの性質

こうした問題の解決策として、ヘイズ氏は、ビットコインの分散型およびピアツーピア型の性質が、顧客のアイデンティティを保護しながら、実行可能な支払い手段としての役割を果たすと主張しました。

「ビットコインは、自発的で独立した、そして何のえり好みも許可も要求もしない自己利益を追及するアクターによるネットワークを通じて運営されています。取引手数料の数%こそが、彼らが誰に対しても要求する唯一のものです。そしてそれは、彼らが取得する事が許される唯一のものです。」

「また、ビットコイン・ウォレットの公開アドレスと、その取引履歴はすべての人に表示されますが、個人を識別可能な情報は、トランザクションに含まれていません。つまり、ビットコインやそれに類するものは、おそらくプライベートな形式の電子マネーとして、社会のベストホープです。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る