COIN TOKYO

¥609,549
BTC -0.19%
¥18,320
ETH -0.44%
¥33.49
XRP -0.35%
¥31,048
BCH -0.70%
  • 2019/01/04
  • コイン東京編集部

Fundstratトム・リー代表「業績発表シーズンの金融市場は期待できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
独立調査会社ファンドストラット社のトム・リー代表は、株式市場の急落は景気後退が近づいていることを示すものではないが、今回の「アーニングシーズン(業績発表シーズン)」の収益性は「酷い」だろうと語り、これはFRB(連邦準備制度理事会)に非があると指摘しました。

1月前半は期待できない

CNBCの番組に出演したトム・リー氏は、今回、ビットコイン(BTC)の価格予想を求められませんでした。リー氏は、アーニングシーズンの金融市場には大きな期待を寄せていないと語りました。

「このアーニングシーズンは素晴らしいものではないかもしれない。年末に(S&P500の)ラリーが起きると望みましたが、…起こらなかった。」



Appleは始まりに過ぎない

リー氏によると、Appleの予想収益の下方修正とそれに続く株価の下落が、別の巨大な市場で売却を引き起こす可能性があるという;

「この数週間で多くの事が起きた。おそらく最も致命的なのはFRBがしたことです。私はFRBが流動性市場を弱体化させたと思います。本当にトレーディング力学を弱体化させました。」

12月19日、米中央銀行の連邦準備理事会(FRB)は、政策金利を0.25ポイント引き上げ、「年2.25~2.5%」にすると発表した。米トランプ大統領の感情に同調して、リー氏はFRB(連邦準備制度理事会)による金利の引き上げが、関税や貿易に対する懸念よりもダウ・ジョーンズや他の市場に大きな影響を与えたと考えています。

一方、他のアナリストの中には、最近の市場のボラティリティの引き金として、トランプ大統領のFRBに対する行動を指摘する者もいます。トランプ大統領はFRB議長への信頼を表明しながらも、「利上げのペースが速過ぎる」と批判しました。

リー氏は、最近の金利引き上げにより、それぞれが強い市場反応を引き起こしたと述べています。

「これはFRBが行った最も危険な利上げです。12月の利上げはすべきではなかった。」

貿易の力学は一時的、利上げは縮小を強いる

リー氏は、貿易の力学は一時的なものであり、商品需要が一定の期間を経て増加する可能性があると述べています。一方で、金利の上昇は投資家に売却を強いることができます。

「フィナンシャル・コンディションを厳しくすれば、投資家のポジションは清算を強いられ、縮小を余儀なくされます。市場間に混沌とした動きを生み、修正するには長い時間がかかるため、ダメージを与えます。」

リー氏はまた、貿易紛争による中国の経済収縮が短期的なものではなく、長期的な経済的変動を控えていると考えています。

「世界的に起きている構造的変化の1つは、世界の成長への中国の貢献が米国に比べて縮小していることです。」

過去2、3日の間に株価が10%以上下落したAppleは中国の衰退の影響を受けた。AppleのCEOティム・クック氏によれば、中国の売上高の減速と「貿易戦争」が業績不振の要因となっています。

iPhoneの売り上げとAppleの第1四半期の予測の下方修正は、今日の株式市場へのスノーボール効果を引き起こしたと非難されている。トム・リー氏は2018年第4四半期のFAANG株のパフォーマンスを考慮して、今シーズンの技術巨人の株は悪い結果になっても、予想外では無いと指摘しました。

リー氏の最新の予測に対するツイッターの反応は否定的です。多くの人が以前のリー氏の予測を覚えており、投資家は彼の指摘に反対の見方を取るべきだという意見も見られます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る