COIN TOKYO

¥451,372
BTC -0.11%
¥15,606
ETH -0.10%
¥35.48
XRP +0.10%
¥17,979
BCH -0.18%
  • 2019/01/06
  • コイン東京編集部

ワイスレーティングス2019年7つの予測「銀行業をDisrupt、最高値の更新、新たなコインの台頭・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加
格付機関ワイスレーティングスによると、2018年は仮想通貨にとって悲惨な年でしたが、それは価格の観点の話です。技術面では、大きな進歩の年だと考えています。ワイスのアナリストチームは独自の指標をもとに、2019年の仮想通貨スペースを予測しました。

ワイスは、2つのモデルから予測を行っています。1つは、主要な市場動向のタイミングを予測するのに役立つサイクルモデル。2つ目は、リスク、報酬、テクノロジ、および採用の組み合わせで仮想通貨を分析するモデルです。各モデルは、毎週分析される何万ものデータポイントを集約しています。これらのモデルを用いて、ワイスのアナリストチームは2019年の7つの予測を提案しました。

過去最高値を更新するコイン

予測1:ビットコインはますます価値の保存(ストアオブバリュー)として使われるようになる。

ビットコインは優れたストアオブバリューとして、真のデジタルゴールドになりつつあります。輸送に非常に効率的であり、保管するのに実質的に費用がかからず、安全で、いかなる政府に没収されることができない。ビットコインと同じ特性を持つ、他の種類の資産は現在世界にありません。

予測2:Bitcoinの価格は再び上昇し、新たな史上最高値を目指す。

2015年までにビットコインは4つの弱気市場で70%以上の減少を記録しました。毎回、いわゆる「専門家」がその死亡記事を書いたが、ビットコインは回復し、底からピークまで6,300%の平均利益をもたらし、新しい強気市場を形成しました。

史上5番目の弱気市場の大部分はすでに2018年に撤退しており、全体的に見て、新たな強気市場に向けて基礎が築かれるだろう。

予測3;一部のアルトコインは、相対的な不明瞭さから、これまでの過去最高値の20倍にまで上昇する。

選ばれし少数のアルトコインだけがトップに上がり、2017年末と年明けのピークを超えることもあり得る。優れた技術を持つコインは、採用と共に実社会で勢いを増します。

新たなコインが台頭する

予測4:選択した仮想通貨は、新しい種類のインターネットを構築するために競争する。

イオス(EOS)、カルダノ(ADA)、ホロチェーン(HOT)などのコインが、より安全で持続可能なワールドワイドウェブである「インターネット3.0」を形成する方法をリードしている。
さらに、2019年に新しいコインが登場するだろう。インターネット3.0の作成に成功した場合、最良の1つが1兆ドルを超える時価総額を持つ可能性がある。

予測5:仮想通貨の別の選択されたグループは銀行業の世界を混乱させる。

リップル(XRP)、ステラ(XLM)、またはその他のコインが新しい種類のデジタル支払いネットワークになる。これらのコインは、金融市場、送金、電信送金などを混乱させる可能性が高い。

「特にXRPは、世界的な銀行システムの巨大な決済ネットワークであるSWIFTの混乱を狙っています。SWIFTの市場シェアを奪い、一部の地域でそれを置き換えることさえできれば、XRPが最終的に世界一の仮想通貨になる可能性があります。」

予測6:ビットコイン・コピペコインは消えていきます。

2019年以降には多くのコンが消えるだろう。未来がないかもしれない種類の硬貨の1つはビットコインと比較して新しい何かを提供していない通貨です。ユースケースが市場でそれらを区別するのに十分革新的ではない仮想通貨は、結局消滅するでしょう。

予測7:新しいコインがトップ10に急上昇する。

Holochain(HOT)やHedera Hashgraph(ヘデラハッシュグラフ)などの新しいコインが時価総額でトップ10に急上昇する可能性がある。2つのプロジェクトは、非ブロックチェーン分散型台帳技術を利用しており、他のプロジェクトから市場シェアの大部分を奪うだろう。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る