COIN TOKYO

¥1,178,877
BTC +0.50%
¥33,253
ETH +0.10%
¥49.71
XRP +0.07%
¥50,698
BCH +0.19%
  • 2019/01/06
  • 2019/01/06
  • コイン東京編集部

米テキサス州がステーブルコインを「貨幣(マネー)」として検討|オハイオ州でOverstock社がビットコインで事業税を支払う

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国テキサス州銀行・保険局によると、ステーブルコインは州法の下で「貨幣(マネー)」として認められるかもしれません。先週、テキサス州銀行局コミッショナーのチャールズ・クーパー氏は、州の事業者が仮想通貨をどのように扱うべきかを説明するメモを発行しました。

ステーブルコインと交換に、フィアットを償還する義務

クーパー氏は、仮想通貨はテキサス州法の下では貨幣として扱われず、仮想通貨をフィアットと交換することは「貨幣交換」とは見なされないと述べています。スタートアップは取引所事業を行う上で「Currency Exchange License(通貨交換免許)」を取得する必要はありません。これは2014年に制定された内容を踏襲しており、テキサス州は米国で最も仮想通貨に寛容な州の一つです。

しかし、改訂版でクーパー氏は「ステーブルコイン」は既存の「貨幣」または「金銭的価値」の定義に該当する可能性があると指摘。「発行者が後でステーブルコインと引き換えに、フィアットを提供する義務を引き受けるためだ」とクーパー氏は書いている。ステーブルコインを購入する人は誰でも所有するトークンの基礎となるフィアットを償還し得る。

この文書では、クリプト対クリプトの交換やクリプト対フィアットなど、さまざまな形式の暗号トランザクションについて、テキサスの銀行取引方針を概説しています。仮想通貨の直接移転は依然として、「送金」とみなされないとも概説しています;

「対照的に、法定通貨が裏付けとなるステーブルコインは、貨幣サービス法の下では貨幣または金銭的価値と見なされる可能性がある。後で利用可能にするという約束と引き換えに受け取ること、あるいはそれに類する事は送金かもしれません。」

なお、ステーブルコインの発行者または取引所が実際に保有者の通貨を支払う必要性は場合によって異なります。クーパー氏は、特に送金を行う場合に関連する法律を遵守しなければならないと、取引所や新興企業を警告しました。

オハイオ州でOverstock社がビットコインで事業税を支払う

米国のインターネット小売業者Overstock(オーバーストック)は、ビットコインでオハイオ州の事業税の一部を支払う予定です。同社はデジタル通貨を使って法人税を支払う最初の主要な米国企業になります。Overstock社CEOのPatrick M. Byrne氏は以下のように述べています;

「仮想通貨のような新興技術を慎重に政府が採用することは、米国が世界経済の最前線で自分の立場を失うことのないようにする上で最善の方法です。...当社は、将来を見据える政府や、オハイオ州財務局の役人たちと協力する事を誇りに思う。国の重要な金融システムの技術を通じて、トラストの時代の到来を告げようとしています。」

昨年11月、Overstock社は、小売業向けのビジネスを売却し、関連するブロックチェーンの新興企業にフォーカスする計画を発表しました。同月、オハイオ州は税金の支払いにビットコイン(BTC)を受け入れる計画を発表。オハイオ州の企業に、専用サイトOhioCrypto.comでビットコインによる税金支払いのために、行政登録を呼び掛けた。

アイディアを考案した州のジョシュ・マンデル(Josh Mandel)財務官は、Overstockの判断を「時代の先駆け」だと称賛しました。

フォーチュンのインタビューでマンデル氏は、ビットコインによる税金支払いには財務上の利点があることも明らかにした。同氏によると、クレジットカードを使用する納税者は2.5%のサービス料を支払うのに対し、ビットコインを使用する納税者の手数料は1%に低減される。さらに、Overstockのような初期申告者は、手数料は一切かからないという。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る