COIN TOKYO

¥451,372
BTC -0.11%
¥15,606
ETH -0.10%
¥35.48
XRP +0.10%
¥17,979
BCH -0.18%
  • 2019/01/07
  • コイン東京編集部

カルダノ(ADA)設立者チャールズ氏「ブロックチェーンによる分散型システムが世界市場を一つにする」

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、BS1スペシャル「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」というドキュメンタリーが放送されました。国家による信用が不要な経済として、ブロックチェーン技術が導入され、「業界の”カリスマ“」として、カルダノ(ADA)の設立者チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏が紹介されました。

価値の仲介者を排除

番組は、「市場中心の新自由主義が推し進められるのか、あるいは国家の介入が必要か」をテーマに掘り下げました。チャールズ氏は、ブロックチェーンによる分散型(Distributed)システムが世界市場を一つにすると語っています;

「ビットコインがしたことは、政府や銀行にトラストを与えられる必要がないということ。システムを気に入らなければ、今や自分自身で選ぶことができます。既存の支払いシステムを好まないならば、より良いものを造ればよい。」

「現状は30億人の人々(アンバンクト)が信用を得られず保険を受けられず、ビジネスを発展するために必要な資金調達ができていない。この(分散型)エコシステムでは、そうした人々がすべて同じ土俵に立ち、人類史上初めて、誰でもビル・ゲイツやジェフ・ベソスがアクセスしているのと同じ市場にアクセスできるようになります。」

チャールズ氏は、新たなエコシステムが、必要以上に急増する「仲介者」を排除することができると述べた。グーグル―やフェイスブックなど「仲介者」の役割を担うインターネット企業のおかげで、想像を超える規模のスケールで物やサービスを販売できるようになったが、あまりにパワフルなために非常に中央集権になったと語りました。

チャールズ氏によると、社会進化を考慮すればこれらの仲介者は不要になる。スマートコントラクトとブロックチェーンを使用することで、それを取り除くことができるという。同氏は、分散型台帳技術が世界市場を一つにし、究極の自由市場を形成する方向に進んでいると述べました。

非中央集権により分散型システムへ

チャールズ氏によると、中央集権システムがブロックチェーン技術により非中央集権(Decentralization)が進み、分散型(Distributed)システムへと移行します。

ブロックチェーン技術は、すべてのユーザーが等しくネットワークを開発することを可能にしました。そこでは、情報が世界中の無数のコンピュータにディストリビュート(分散)されます。

非中央集権は透明性とセキュリティの概念に、従来の政府や銀行、企業とは異なる、全く新しい次元をもたらしました。イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏によると、非中央集権により、「構造上、政治上、論理上」の中央権力を排除します。

〇左:中央集権システム 右:分散型システム 出典:Distributed Systems

チャールズ氏は、中央集権型システムが分散型システムに移行して、世界が一つになる状況を上図の様にイメージしている様です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る