COIN TOKYO

¥1,297,985
BTC +0.18%
¥33,611
ETH -0.54%
¥46.11
XRP -0.82%
¥46,970
BCH -0.71%
  • 2019/01/10
  • 2019/01/10
  • コイン東京編集部

トロン財団がコンプライアンス責任者に元SECで規制対応のエグゼクティブを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
9日、トロン財団はコンプライアンスの責任者に、元SECで証券規制のスペシャリストDavid Labhart氏を採用した事を発表しました。Finance Magnatesが報じました。David氏は、トロンにおいてコンプライアンスの責任者と共同顧問弁護士を担い、ブロックチェーンと金融当局の間で規制上の調整を支援する事になります。

トロンの法務責任者と顧問弁護士に

証券業界で15年の経験を有すDavid氏は、2004年9月に法律事務所Wilmer Cutler Pickering Hale and Dorrでキャリアをスタートしました。2007年1月までの間、彼は内部調査、SECの執行措置などを担当しました。

その後、米国証券取引委員会(SEC)に9年間在籍。SECではブローカーディーラー、投資顧問、自主規制機関にフォーカスするコンプライアンス検査室に従事しました。

前職となるS&P Global Ratingsでは、北米のコンプライアンスを管理しました。S&Pで同氏は規制問題と、ブロックチェーン、人工知能、クラウドコンピューティングなどの問題への影響についてアドバイスしました。同氏はトロンについて以下のように述べています;

「金融業界の最先端への情熱を伴う私のキャリアにおいて、TRONへの参加は完璧な進展です。技術が規制を満たす場所であるブロックチェーンと仮想通貨は、世界の金融システムの進化における次のステップです。私はジャスティンが持つ、この新技術の利点と潜在的な影響への情熱と長期的な展望に興奮しています。」

TRONの創設者ジャスティン・サン氏は、規制上の要件を逸脱せず、責任ある方法でブロックチェーンの開発を支援することを約束しています;

「仮想通貨の世界が成熟するにつれて、トロンがいかなる規制要件にも違反しない、前向きで安定した成長軌道を辿っていると、世界中の投資家や規制当局から信頼されければなりません。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る