COIN TOKYO

¥448,473
BTC +0.10%
¥15,505
ETH +0.09%
¥35.37
XRP +0.20%
¥18,044
BCH +0.48%
  • 2019/01/13
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)は6日以降レンジ相場を継続、今後の値動きはどうなるか?-1月12日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月24日以降、下降チャートを形成している仮想通貨リップル(XRP)は1月6日以降サポートラインに支えられながらレンジ相場を形成しています。レンジ相場が続くリップルは今後どのような値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

レンジ相場内にて2018年12月以降に溜めた買い注文量を大きく解消させた仮想通貨リップル(XRP)

XRP/BTCの2時間足チャートを見ていきます。2018年12月末以降より下降チャートを形成してきたXRPは1月6日に0.000089BTC台まで下値を落としました。0.000089BTC台は2018年12月でもサポートラインとして機能した価格帯であり、今回も長く続いた下落相場を支えた形となりました。1月6日以降のレンジ相場では1月10日に一時価格を急騰させ、上値を0.000095BTC台まで伸ばしましたが、直ぐに反落を起こし、急騰はイッテコイの形で終えることになります。

イッテコイとなったXRPは再びサポートラインで支えられ、レンジ相場を再開しましたが、XRPの注文比率を確認した場合、1月10日の乱交かで買い注文量を大きく減少させた形となっています。

買い注文量を大きく減少させたXRPは買い注文量を2018年12月17日の量にまで戻したことになります。2018年12月17日はXRPが大きな上昇チャートの形成を始めたタイミングです。つまり1月10日の急上昇にて、2018年12月17日以降の買い注文の多くが解消された可能性があり、2018年12月より上昇チャートを形成してきたXRPでしたが、市場でも上昇チャートが一段落したと判断されたのではないでしょうか。

悲観的ムードが漂う仮想通貨リップル(XRP)は下降トレンドラインに抑えられて更に下落する可能性が高い

1月6日以降0.000089BTC台をサポートラインとしたレンジ相場を形成していますが、明日1月13日から1月14日にかけて、現在XRPが推移している価格帯に2018年12月26日以降の下降トレンドラインも接触する見通しとなっています。テクニカル指標、注文比率共に今後悲観的な相場の可能性が高まっているXRPは下降トレンドラインに抑えられた形でレンジ相場を下へ割ってしまう可能性があるため注意しましょう。レンジ相場を下へ割ってしまった場合、最初に意識される価格帯は0.000085BTC台となりそうです。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る