COIN TOKYO

¥442,080
BTC +0.00%
¥16,414
ETH -0.15%
¥35.46
XRP -0.30%
¥15,967
BCH -0.05%
  • 2019/01/14
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)は大型ハードフォークまで残り僅か。今後大きな値動きはみられるのか?-1月14日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨イーサリアム(ETH)は大型ハードフォーク「コンスタンティノープル」実施まで残りわずかとなってきました。ハードフォーク実施予定日は日本時間で1月15日前後と予定されています。一つの大きなファンダメンタル要素を控えるイーサリアムはどのような値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨イーサリアム(ETH)はサポートラインを割り更なる下落を見せる

ETH/BTCの60分足チャートをみていきます。1月5日より著しい下降チャートを形成しているETHは1月10日以降は0.0341BTC台をサポートラインとした値動きを続けてきましたが、下降型のトライアングルパターン形成後、本日1月14日未明にはサポートラインをブレイクする形をみせました。サポートライン割れのETHは下値を0.0324BTC台まで下げています。重要なサポートラインをブレイクしたETHは今後も更なる下落をみせることとなるのでしょうか?

ETH/BTCの日足チャートを見ていきます。本日1月14日未明にサポートラインをブレイクし、0.0324BTC台まで下値を下げたETHは今後0.0314BTC台まで意識されることとなります。また0.0341BTC台までもブレイクしてしまう場合、2018年12月以降大きく上昇してきたETHの価格を全て戻す形となる恐れもあります。

大型ハードフォークまで残り1日を切ったETH、仮想通貨市場ではハードフォークは価格を上昇させやすい強めのファンダメンタル要素となり得る場合が多々見られますが、ハードフォーク後は大きく下落するパターンが多く存在し、上昇分を全て戻すことも多々認められます。そんな中ETHチャートを見た場合、1月5日以降既に下降チャートを形成しており、既にハードフォークによる期待買いは終わり、ハードフォーク後の下落を警戒した売りが強まっている状況といえるでしょう。

問題は現在の警戒売りが価格をどこまで下げることになるかということになります。日本時間にて明日1月15日にはハードフォークが実施される予定となっており、ハードフォークを終えた後のETHでは警戒売りも一巡する可能性は高く、これまでの著しい下降チャートは動きを鈍らせるのではないでしょうか。またハードフォーク後のETHは警戒売りが弱まる分、買い注文がしやすい状況へ相場は変わります。ETHの注文比率を見た場合、本日1月14日には既に買い注文のベクトルは上を向いています。ハードフォーク後のETHに再度上昇チャート形成が訪れるのか注目です。



仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る