COIN TOKYO

¥934,899
BTC +0.00%
¥28,868
ETH +0.59%
¥43.82
XRP +0.62%
¥46,446
BCH +0.41%
  • 2019/01/17
  • コイン東京編集部

BitMEXリサーチ「ICOチームは自分たちに240億ドル(約2兆6000万円)のトークンを割り当てた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨取引所BitMEXのリサーチ部門は、108のICOチームのトークン発行分布を分析しました(協力:TokenAnalyst)。レポートによると、ICOチームは発行したネイティブトークンのうち、自分たちに合計240億ドル相当を割当てました。この割当ては、ピーク時に評価額が800億ドルを超えましたが、現在は50億ドル(約5500億円)に低下しています。BitMEXリサーチは、「現実には、この価値を現金化するには流動性が低すぎた」と述べています。

独自トークンの売却益15億ドルの可能性


BitMEXによると、ICOチームは自分たちのトークンを売却することで、15億ドル(約1650億円)相当の利益を得た可能性があります。BitMEXリサーチは以下のように述べています;

「取引所に移されたトークンが、売却を示すものか、上場申請費用に支払われたかを見分ける事は困難でした。...コインはさまざまな理由でチームアドレスを離れた可能性があるため、この数字も過大評価になる可能性があります。」

〇ICOプロセスの収益 出典:BitMEXリサーチ

BitMEXリサーチは、ICOチームが「極僅かな、業務・説明責任・透明性」を伴うICOプロセスで、約128億ドル(約1兆4000億円)の収益を得ていると見積もっています。「ICOチームは、自分達のトークンを自由に作成、バーン、購入、そして売却できました。」

上図の試算には調達したイーサリアムの800億ドルの売却益や、独自トークンの176億ドルの含み損が計上されています。

BitMEXリサーチは「ICOはプロジェクト創設者にとって非常に魅力的な一方、投資家にとっては魅力的では無かった」と指摘。したがって、数年以内にこのサイクルを繰り返すことは、多くの人が考えているほど可能性は高くない、と結論付けました。

データは、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトと取引パターンを抽出して、AI(機械学習)と組み合わせて分析されました。BitMEXは以下の免責事項を記載しています;

「このデータは確率論的推定値であり、個々のプロジェクトレベルでは不正確な可能性があります。しかし、このレポートの主な目的は、イーサリアム上でICOトークンを保持しているチームに関するマクロデータを示すことです。...この分析は完璧には程遠いものの、妥当なマクロな結論を引き出すことができると私たちは信じています。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る