COIN TOKYO

¥441,845
BTC -0.07%
¥16,399
ETH -0.27%
¥35.44
XRP -0.39%
¥15,940
BCH -0.24%
  • 2019/01/18
  • コイン東京編集部

ジャスティン・サン、BitTorrentトークン(BTT)の約30億円のクラウドセール概要を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
トロンCEOのジャスティン・サン氏は、BitTorrentトークン(BTT)のトークンセールの詳細を発表しました。トークンセールは1月28日PM3:00(UTC)に開始されます。トークンセールは、バイナンスの「ローンチパッド」で実施され、バイナンスコイン(BNB)とトロン(TRX)で参加可能。1人当たり購入上限は220万円、調達目標金額は約8.2億円となります。

バイナンスリサーチによると、既に約21億円のプライベートセールを終えているため、BTT発行プロセス全体の調達目標金額は約30億円となります。

BTT、トークンセール概要



・1BTT=0.00012ドル(0.0135円)
・個人キャップ:2万ドル(220万円)
・調達金額の上限(ハードキャップ):720万ドル(約8億円)
・発行量:9900億BTT、トークンセールサプライ:594億BTT(6%)
・初期循環供給量:891億 BTT(9%)
・セール終了:キャップ到達時、または2月3日PM3:00(UTC)
・トークン配布予定:セール終了後15日以内
・トークン仕様:TRX-10

トークンディストリビューション

バイナンスリサーチによると、既にBTTは2018年11月にシード&プライベートセールを完了しています。1BTT=0.000177ドル、発行量の11%(1089億BTT)が割当られています。トークン配布期間12か月。調達額約1927万ドル(21億円)の20%はチームビルティングやマーケティングで活用されます。

トークンセール、プライベート参加者に合計20%が配分されています。残り80%のトークンディストリビューションは、トロン財団、開発チームが約40%、BitTorrentエコシステム及びエアドロップに30%です。トロン(TRX)所有者へのエアドロップは10%(990億BTT)ですが、バイナンスリサーチによると6年間かけて配布されます。BTTリリーススケジュールについて、2022年7月までに発行量の80%弱(7920億BTT)が供給されます。期間中、TRX-10トークンはコールドウォレットにロックアップされます。

BTTトークンは、基本的にBitTorrentの帯域幅のリソース拡張に活用されます。今後、クリエイターから直接購入可能なダウンロードコンテンツの支払い、投げ銭、共有クリエイティブコンテンツのクラウドファンディングでの利用に拡張される予定です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る