COIN TOKYO

¥438,205
BTC +0.25%
¥16,007
ETH +0.79%
¥36.10
XRP +0.26%
¥15,904
BCH +0.65%
  • 2019/01/21
  • コイン東京編集部

UAEとサウジアラビアが銀行間デジタル通貨プロジェクトと共同戦略を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
19日、UAE(アラブ首長国連邦)とサウジアラビアが共同で新しいデジタル通貨を試行することが正式に発表されました。

デジタル通貨プロジェクトの目的は、ブロックチェーン技術の影響を調査することで、中央銀行と参加銀行との間で分散型データベースが構築されます。顧客の預金保護を模索し、技術標準を設定し、サイバーセキュリティリスクを評価する予定です。プロジェクトはまた、金融政策における中央通貨(CBDC)の影響を測定します。

リリースは以下のように述べています:

“国境間デジタル通貨は、実験フェーズでは厳密に銀行を対象とする。ブロックチェーン技術の意味をよりよく理解し国境を越えた支払いを円滑化することを目的とする。“

7つの戦略的イニシアチブ

19日、アブダビで両国の16名の代表メンバーが会合を開き、軍事、経済、社会的ビジョンを共有し、7つの戦略的イニシアチブの立ち上げを発表しました。代表メンバーには、アラブ首長国連邦側からモハメド・ビン・アブドゥラ・アル・ゲルガーウィ閣下(内閣総務・未来大臣でドバイ未来財団副会長兼専務理事)、サウジ側からMohamedad bin Mazyad Altwaijri経済企画大臣を含みます。

共同イニシアチブは、サービス、金融、観光、航空、起業家精神、税関と安全保障の7分野に焦点を当てています。

UAEとサウジの同盟は、世界で最も強大な経済的同盟の1つです。2か国のソブリンウェルスファンド(SWF)は合計すると、世界第2位の規模になります。世界銀行のデータによると、両国は財とサービスの輸出の面で世界第8位にランクされています。両国の上場企業の時価総額は世界17位、両国は世界の総ストックの約4分の1を占める石油備蓄(24.3パーセント)を有します。

中東は、ここ数年でブロックチェーン技術の採用に熱心です。クウェート国立銀行は、銀行間送金を容易にするために米Ripple社と提携しています。NEM財団は、アラブ首長国連邦(UAE)の地域開発省(MOCD)と協力協定を締結しています。NEMは省庁にブロックチェーンのコンサル・サービスを提供することが伝えられています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る