COIN TOKYO

¥442,658
BTC +0.13%
¥16,436
ETH -0.01%
¥35.50
XRP -0.12%
¥15,982
BCH +0.04%
  • 2019/01/27
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)がシンガポールの支払いアプリ「Paycent」に統合、純金を購入可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
25日、シンガポールのTexcent Asia(テクセント・アジア)社のハイブリッドモバイルアプリ「Paycent(ペイセント)」で、仮想通貨リップル(XRP)のサポートが開始されました。同社によるとPaycentは、複数の通貨を使用した管理、移転、支払いが可能なモバイルウォレットで、200カ国、3600万の加盟店にアクセス可能です。


Paycentのユースケース

Texcent Asiaはまた、ユーザーがリアルタイムで世界中の仮想通貨を現金化できる「Paycentカード」を提供しています。Paycentアプリは、ユーザーが仮想通貨をフィアット(米ドル)に変換してから、カードに転送して使用するためのミニエクスチェンジ(取引所)として機能します。

Texcent Asiaは、Paycentのユースケースを戦略的に拡大しています。昨年12月、ブロックチェーン技術で現物ゴールドを管理するDillon Gage Metals(ディリオン・ゲージ・メタルズ)との提携を発表しました。ユーザーはPaycentのプラットフォームでサポートされている仮想通貨を使用してゴールドを購入できるようになりました。対象通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ダッシュ、ライトコイン、バイナンスコイン、そしてリップルが含まれます。

Dillon Gage Metalsは、世界最大級の貴金属卸売勝者であり、技術革新者であるDGゴールドに支援されています。DGゴールドは、Royal Canadian Mint(ロイヤルカナディアンミント)に保管されたTradeWind(トレードウィンド)が供給する99.99%以上の純金「VaultChainGold(ボールト・チェイン・ゴールド)」を販売します。DGゴールドのアカウントは正確性を保証するために毎日監査されます。

Texcent Asia(テクセント・アジア)について

2016年Q4にロードマップをスタートマップをスタートしたシンガポールのTexcent Asia社は、グローバルな支払いのプラットフォームソリューションプロバイダです。現在、UAE(アラブ首長国連邦)、フィリピンに拠点を有し、200人のスタッフを擁しています。2018年2月にTexcent は、シンガポール金融管理局(MAS)から送金ライセンスを取得しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る