COIN TOKYO

¥442,323
BTC +0.03%
¥16,416
ETH -0.17%
¥35.47
XRP -0.32%
¥15,954
BCH -0.15%
  • 2019/01/31
  • コイン東京編集部

ビットコインに裏付けられたトークン「WBTC」がイーサリアム・ブロックチェーン上でローンチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインに1対1で裏付けられた新しいトークンがイーサリアム(ETH)ブロックチェーンに追加されました。これはイーサリアムの豊富なエコシステムにビットコインの大規模な流動性を統合する取り組みとなります。

ビットコインの安定性とイーサリアムの柔軟性

「Wrapped BTC(包まれたBTC)」(WBTC)は30日に正式にERC20トークンとしてローンチされました。WBTCプロジェクトは、分散型取引所のスタートアップKyber Network(カイバ―ネットワーク)とRepublic Protocol(リパブリック・プロトコル)、仮想通貨カストディアンBitGoを主とした共同イニシアチブとして、昨年10月に発表されました。

WBTCの目的は、「分散型取引所や金融アプリケーションを含むイーサリアム・エコシステムに、大規模な流動性」をもたらすことです。

当時、BitGo社CTOのBenedict Chan氏は、新しいWBTCを伝統的な兌換銀行券(かつて金や銀で交換可能だった)に例えて、「ビットコインの安定性とイーサリアムの柔軟性」を併せ持つと説明しました;

「米ドルと比較すれば変動が激しいが、ビットコインは最も高い時価総額を持つ最も流動性が高く、安定した仮想通貨です。」

WBTCの発行市場

31日時点、公式サイトによると、72.4216 BTC(約2500万円)がビットコイン・ブロックチェーン上に保管(ロック)され、72.4214 WBTCがイーサリアム上で発行されています。ホームページによると、WBTCとBTC間の交換に対応する認定マーチャントは現在8社あり、AirSwap、Dharma、ETHfinex、GOPAX、Kyber Network、Prycto、RenおよびSet Protocolが処理します。ユーザーは、必要なマネーロンダリング対策と顧客確認(AML / KYC)手順を経た後、認定市場でWBTCを発行できます。

WBTCトークンの交換と清算の役割を担う認定マーチャントは、ホワイトペーパーで「ラップされたトークンが発行され、バーンされる機関または組織」と定義付けられています。
背後では「アトミックスワップ」技術を利用して、チェーン間の仮想通貨取引が処理されます。

取引市場で利用可能

WBTCの開設時には、ガバナンス、流動性および採用を推進する役割を担うパートナーとして計25機関が参加しています。

いくつかの仮想通貨取引所ではWBTCの初期在庫の一部を調達しており、各プラットフォームで直接供給をサポートできる予定です。既に、bZx、Compound、dYdXなど、いくつかのイーサリアム上の分散型金融アプリケーション(DeFi)では、WBTCトークンの利用が可能です。DharmaはWBTCのレンディングを、dYdXはWBTCのレバレッジ取引をサポートします。

WBTCはリリースで、「WBTCの基本設計と参加メンバーの開示性への継続的なコミットメントが、透明性のあるプロセスとガバナンス構造に向けて必要な構成要素を形成します。」と述べています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る