COIN TOKYO

¥442,111
BTC -0.04%
¥16,406
ETH -0.21%
¥35.50
XRP -0.08%
¥15,930
BCH -0.25%
  • 2019/02/01
  • コイン東京編集部

NY州がビットコインATM事業者に今年3件目となるBitlicenseを付与、承認ペースが加速

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインATM事業者Cottonwood Vending(コットンウッド・ベンディング)が、ニューヨーク州のBitLicense(ビットライセンス)を取得しました。31日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の公式ツイッターで公表されました。

Cottonwood Vendingは現在、カリフォルニア、テキサス、ワシントン州でビットコインATMを設置しており、今後NYを含む米国の各州に拡大予定です。

増加するライセンス取得企業

BitLicenseは、ニューヨーク州政府が仮想通貨業界の一連の規制に付けた名前です。この規制は、「仮想通貨」の事業活動に従事している企業に適用されます。すべての州で同様の組織がありますが、ニューヨークは特別です。米国で4番目に人口の大きい州であり、金融界の中心であるニューヨーク州政府が課す規制は、国内および国際的な政策に広範囲に影響を及ぼしています。

ビットコインATM事業者で最初にBitlicenseを取得したのはCoinsourceで、2018年11月の認可まで3年を擁しました。その後、今月初めにLibertyXが取得しています。

最近、NYDFSは仮想通貨ライセンス(Virtual Currency License)の発行ペースを上げており、2019年1月だけで3社が取得しています。2015年と2016年はそれぞれ1社ずつ、2017年は2社、2018年には8社がBitLicensesを取得しました(下図)。

〇myportal.dfs.ny.govより取得データを基に作成

さらにニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、サービス単位でオーソライズする場合があります。2018年6月にDFSは、以前はPaxos Trust Companyに、仮想塚取引とカストディサービスの提供を承認しました。Paxosは2015年5月にニューヨーク銀行法の下で仮想通貨チャーターを付与され、BitLicenseなしに営業できます。これは、ウィンクルボス兄弟のGemini取引所も同様です。両社は昨年9月にそれぞれステーブルコインの発行でNYDFSの承認を得ました。昨年10月にコインベースの関連会社はカストディサービスで認可を得ています。

ニューヨーク州とデジタル通貨

1月初旬、ニューヨーク州のクライド・ベネル議員は、ニューヨーク州のための「デジタル通貨タスクフォース」を設立する法案に、アンドリュー・クオモ州知事が署名したと公表しました。タスクフォースは州知事と議会に「仮想通貨や他の形のデジタル通貨の使用の影響に関する情報と、州の補完システム」の提供を目指しています。

同月、ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)がブロックチェーン教育センターをオープンしました。ブロックチェーンセンターは、NYCEDCとベンチャーキャピタルファンドのフューチャー・パーフェクトベンチャーズ、およびスイスの業界団体「GBBC(グローバルブロックチェーンビジネスカウンセル)」とのパートナーシップによって設立されました。マイクロソフトとIBMが、すでにこのセンターと提携しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る