COIN TOKYO

¥628,307
BTC +0.32%
¥19,509
ETH +0.09%
¥36.22
XRP -0.24%
¥33,460
BCH -0.07%
  • 2019/02/02
  • コイン東京編集部

"SIMカードジャック"で最初の有罪判決、20歳学生に仮想通貨の盗難容疑で10年の禁固刑

このエントリーをはてなブックマークに追加
大量のSIMハイジャック詐欺でおよそ500万ドル(5.5億円)相当の仮想通貨を盗んだ罪で、20歳の大学生が10年の禁固罰を言い渡されたという。昨年8月、同様の罪状では初めて逮捕されていた学生は、最初に有罪判決を受ける事になります。2日にマザーボードが報じました。

SIMハイジャック攻撃:
SIMカードジャック詐欺は、攻撃者が被害者の携帯電話番号の所有者を装い、モバイルプロバイダを騙して新たなSIMカードをハッカーに送付させて、被害者の携帯アカウントをハッカーが制御できる携帯端末に移します。昨年、特に米国でSIMカードが知らぬ間に更新されて、乗っ取られてしまう「SIMカードジャック」の被害が増加。昨年8月には、27億円相当の仮想通貨を盗まれたビットコイン投資家が、"SIMカードジャックの対策不足"でAT&T社を訴えた事例が報じられました。

SIMハイジャック・暗号盗難で最初の有罪

先週、ボストン大学生のジョエル・オルティス被告は、約40人の携帯電話をハイジャックすることで500万ドル以上の仮想通貨を盗んだ容疑を認め、10年の禁固刑を言い渡されました。オルティス被告は3月14日に正式に宣告される予定です。

木曜日にカリフォルニア州サンタクララ郡の地方判事エリン・ウェスト氏は、Ortiz被告がこの判決に同意したとMotherboardに語ったという。当局は、SIMスワッピングで有罪判決に繋がった最初の事例であると考えており、これがすでに逮捕されている他の犯罪や、未解決の事件に役立つことを願っています。訴訟を調査した代理人サミー・タラジ氏は、「正義が機能したと思う。願わくば、この判決がコミュニティへの強いメッセージとなる」と語っています。

昨年8月オルティスの逮捕によって、SIMスワッピングの手法は新しい詐欺の手口として世に知られました。以降、同様の犯行で複数名が逮捕されています。Xzavyer Narvaez容疑者は100万ドル相当のビットコインを盗んだとされています。Nicholas Truglia容疑者は、ビットコイン数百万ドル。そして最悪のSIMハイジャック犯の一人はジョセフ・ハリス容疑者で、1,400万ドル(16億円)以上の仮想通貨を盗んだとされている。

当局は、着実な逮捕とオルティスの判決が、渦中の犯罪者に明確なメッセージを送ると考えている。ウェスト判事は、「それぞれの逮捕は、そうしたコミュニティに衝撃波を送る事になります;彼らは地下室や実家で守られてはいない。一つずつ追跡されて、検挙されると。」と語りました。

これらの調査は、カリフォルニア州の複数の警察署のタスクフォースである「地域執行連合コンピュータチーム(REACT)」の管轄です。REACTエージェントTarazi氏によると、2018年にSIMジャック攻撃の被害報告が何百件も寄せられたという。しかし、こうした被害は減少傾向にあります。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る