COIN TOKYO

¥442,080
BTC +0.00%
¥16,414
ETH -0.15%
¥35.46
XRP -0.30%
¥15,967
BCH -0.05%
  • 2019/02/06
  • コイン東京編集部

仮想通貨取引所フオビの米国姉妹会社HBUS(huobi.com)が米ドルのサポートを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
〇出典:Twitter Huobi_US
5日、Huobi(フオビ)の姉妹会社で、米国に本拠を置くHBUSは、暗号資産保管会社Prime Trust(プライムトラスト)との提携により、取引所の利用者にフィアット(米ドル)の入出金と取引サービスを開始しました。現在、HBUS(huobi.com)は米国の既存ユーザー向けに、3つの取引ペア「米ドル(USD)対ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)」を提供しています。

米国でのプレゼンスと商品の拡大

北米で大きな拡大に向けて準備しています。シンガポールを拠点とする仮想通貨取引所Huobi(フオビ)は今後ウォール街との提携を強化する方針だと、コインデスクが報じています。HBUSのCEO、Frank Fu氏は、すでに他の企業とのパートナーシップの交渉を進めていると語っています;

「機関投資家とのパートナーシップを確立して必要な規制とコンプライアンスの体制を整えれば、より多くのユーザー向けにETF(上場投資信託)やその派生商品などの革新的な商品や金融サービスを提供できるようになります。」

Fu氏によると、HBUSには数十人の中国人ユーザーが登録しているほか、約6万人の米国ベースアカウントを有しているという。現在HBUSがサポートしている仮想通貨はビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、ビットコインキャッシュ、テザーの6種類です。

Huobiの米国の最高コンプライアンス責任者Megan Monroe-Coleman氏は、今後さらにサポートを追加する予定だと語る。しかし、「米国証券法の下でセキュリティに分類される可能性のあるトークンプロジェクト」を上場しないように、プロセスを徹底的に文書化しているという;

「私たちは新しいトークンプロジェクトをレビューするため、包括的なデューデリジェンスプロセスを開発しました。…トークンの取引量と資産の独自性を高めることができて本当に興奮しています。」

HBUSは、機関的なパートナーシップに重点を置いてコンプライアンスを重視しており、2019年に従業員数を約150人まで3倍に拡大する計画です。

HBUSのパートナーとなった暗号資産保管会社Prime Trustはそれ自体が銀行では無いものの、2018年7月にFDIC(連邦預金保険公社)の被保険銀行であるPacific Mercantile Bankと提携していると公表していました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る