COIN TOKYO

¥1,068,365
BTC -1.70%
¥20,018
ETH -1.16%
¥28.46
XRP -0.90%
¥32,431
BCH -1.40%
  • 2019/02/06
  • 2019/02/06
  • コイン東京編集部

博報堂がブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットリアルタイム配布メディアサービス「TokenCastMedia」を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」が、ブロックチェーン技術を活用して、トークンとして実装されたデジタルアセットを、リアルタイムで番組を視聴している生活者に対して一斉配布できるサービス「TokenCastMedia(トークン・キャスト・メディア)」を開発したことを発表しました。

TokenCastMedia(トークン・キャスト・メディア)の活用

「TokenCastMedia」は、デジタルアセットの所有権を安全かつ迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用し、トークンとして実装されたデジタルアセットの情報を埋め込んだ透かし音を放送してスマートフォンの専用アプリで検出することで、リアルタイムで番組を視聴している生活者だけがデジタルアセットを受け取ることができる、これまでにない生活者参加型の番組制作を支援するサービスです。

サービス活用の第一弾として、Dappsゲームのキャラクターやアイテムをラジオ番組内でリスナーに配布する「TokenCastRadio(トークン・キャスト・ラジオ)」の試験放送を、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社毎日放送、トークンポケット株式会社、株式会社フランジア(、エヴィクサー株式会社と共同で3月に実施する。

3月に実施する予定の「TokenCastRadio」の試験放送では、フランジアが開発したDappsゲーム「Cipher Cascade(サイファー・カスケード)」にトークンとして実装されたキャラクターやアイテムの情報を、毎日放送のラジオ番組「オレたちやってマンデー(毎週月曜日深夜0時~放送)」内で透かし音として放送。リスナーは、エヴィクサーの音声認識技術が組み込まれた、トークンポケットのDappsブラウザアプリ「tokenPocket(トークンポケット)」を使い、放送中にゲームのキャラクターやアイテムを受け取ることができます。

TokenCastMediaの活用を通してメディアをこれまでの「多くの生活者に情報を一斉に配信する媒体」から一歩進めて、「多くの生活者に価値を一斉に届けることができる媒体」に進化させることを目指していく。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る