COIN TOKYO

¥628,415
BTC +0.25%
¥19,541
ETH +0.24%
¥36.23
XRP -0.19%
¥33,392
BCH -0.25%
  • 2019/02/07
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は揉み合い相場内の下値付近まで下落をみせる、今後の価格はどうなる?-2月6日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月末から長くレンジ相場を続けている仮想通貨ビットコイン(BTC)は徐々に下値を切り上げ、上昇チャネルに沿った値動きを続けてきました。しかし本日2月6日には上昇チャネルのトレンドラインを大きく下に割った形で下落を見せます。結果ビットコインはレンジ相場内の最下値付近まで下落する形となりました。今後ビットコインはどのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)は上昇チャネルを割る大陰線を形成

BTC/JPYの2時間足チャートを見ていきます。1月28日より長くレンジ相場を形成してきたBTCは2月に入り一度レジスタンスラインである37万8千円台を突破する形を見せました。

しかし上昇は限定的となりBTCはレジスタンスラインをサポートラインへロールリバーサルされることなく37万円台まで下値を戻します。ここまでのBTCの値動きでは徐々に下値を切り上げる形となり上昇チャネルに沿った値動きを見せていたといえるでしょう。

しかし本日2月6日にはレジスタンスラインである37万8千円台に再び接触今回はレジスタンスラインを突破することが出来ずそのまま大きく反落させます。反落は上昇チャネルのトレンドラインを下回る強い大陰線を形成することとなりました。上昇チャネルのトレンドラインを割ったBTCはレンジ相場の最下値付近である36万7千円台まで下げる形となりました。

長く続くレンジ相場の範囲内ながらも、本日2月6日に上昇チャネルを下に大幅に抜けたBTCは新たな相場へ切り替わった可能性があります。そのため今後もしばらくはBTCの値動きには注目する必要がありそうです。

本日上昇チャネルを下に割ったBTCは基本的には下目線での値動きとなります。しかしBTCの注文比率も合わせて見た場合、BTCチャートではレンジ相場の最下値付近まで到達したものの依然買い注文量は上昇していません。

今後BTCが更に下落する場合、買い注文量の上昇による一時的な買い圧力は生まれることになるでしょう。上昇を見せる場合、これまでの上昇チャネルのトレンドラインに対してリアクションが起きるのかどうか確認しましょう。

上昇チャネルのトレンドラインに対して反発した場合、BTCはレンジ相場を下に抜ける形を見せる可能性が上がることになります。上昇チャネルのトレンドラインに対してリアクションが発生しなかった場合、BTCは継続したレンジ相場となる可能性が高まるでしょう。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る